今までにないヤクザモノ 「日本統一」シリーズとは違う『外伝 田村悠人』

俳優の中野英雄の公式YouTubeチャンネルに俳優の小沢和義と山口祥行がゲストとして登場し、『日本統一外伝 田村悠人』の魅力について語った。

中野英雄のYouTuBAR/YouTube

日本統一シリーズの外伝として、ついに単独主役を務めることとなった田村悠人役の山口に中野は「いかかですか、本宮泰風をはじいて」といじわるに聞いたが、山口からは「この構成を考えたのは、本宮です」と主役ではないものの、制作には深く関わっていることが伝えられた。中野は「こっちもこっちでいけそうな感じしませんか?」と同作の手ごたえについて聞くと、山口は「どうですかね、それは観てる人が決めると思うんで」と慎重な反応を見せるが「面白味はあると思うんですけど」とも。

これまでのシリーズと、同作の大きな違いについて山口は「今までのシリーズの『日本統一』と違って、子どもと彼らが接する」ことだとコメント。今までにないヤクザモノがコンセプトになっているようだ。

そういった形になったのは、今の世相が大きく反映されており、山口は「今、ニュースでも、(子どもへの)虐待とか、そういうのが取りあげられてるじゃないですか?」と話し、「虐待とか、そういうものに関しては(蔑まれる立場のヤクザでも)ちょっとヒーローになれる。男気があるという、そういう(ヤクザが大切にしている)ところに切り込んでいこうと、泰風が構成したんだと思うんですけどね」と同作の注目点について説明した。

また、山口は「リアリティだけ追求してもしょうがないし、エンターテイメントなんで」とも話し、「僕らは破天荒な役やってますけどね、あれっすよね、普段は……、信号守ってますよ、俺」と唐突に明かして笑いを誘おうとしたが、中野には「信号守んないの!? これ(田村悠人)。いや守ってると思うよ」とツッコミを受けたのだった。

YouTube

TAGS