この異形の生き物は、人間か獣か?どこで道を間違ったのか

現代最高峰の異才監督ギレルモ・デル・トロが、作品賞・監督賞を含むアカデミー賞4部門を受賞した前作『シェイプ・オブ・ウォーター』に続き、再び「サーチライト・ピクチャーズ」とタッグを組んだ最新作『ナイトメア・アリー(原題:Nightmare Alley)』が、2022年2月25日(金)より日本公開される。

サーチライト・ピクチャーズ/YouTube

デル・トロ監督が映画化に挑むのは、1946年に出版された伝説的傑作といわれるノアール小説「ナイトメア・アリー 悪夢小路」。 1947年にはエドマンド・グールディング監督によって『悪魔の往く町』というタイトルで映画化されるなど、今も名作として語り継がれる題材を、前作『シェイプ・オブ・ウォーター』で極めた、誰も真似のできないデル・トロ監督独自の世界観と豪華極まりない映像で観るものを誘う、全世界待望のサスペンス・スリラー大作となっている。

ティザー予告は、ショービジネスでの成功を目指す、野心溢れる青年スタンがバスから降り立つ様子から始まる。たどり着いたのは、人間とも獣ともつかない生き物を出し物にする、華やかさと怪しさに満ちたカーニバルの世界。スタンは読心術を身につけ、ショービジネスの世界をその才能と魅力と共に駆け上がっていくが、その先には予想もつかない栄光と闇が待ち受けていた…。

野心溢れるスタンを演じるのは、俳優として4度のアカデミー賞ノミネートを誇るブラッドリー・クーパー。さらに、スタンの前に現れる謎めいた女性精神科医を演じるケイト・ブランシェットや、トニ・コレット、ウィレム・デフォー、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ストラザーンといったオスカー常連の名優、デル・トロ作品に欠かせないリチャード・ジェンキンス、ロン・パールマンといった超豪華な顔ぶれが一同に会している。

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

TAGS