“スティールブルー”を纏ったNew Balance名品『M1400』が再登場

New Balance(ニューバランス)より、1994年に誕生して以来、その履き心地とシンプルなデザインで長く愛され続けてきた『M1400』のオリジナルカラーである“スティールブルー”がリリースされる。

『M1400』は、New Balanceのフラッグシップシリーズとしてアメリカの自社工場で製造され続けてきたモデル。1985年の「M1300」の次のモデルとして開発が進められていたが、理想的な安定性とクッション性を追求した結果当時の技術力で量産化ができず、一度は製品化が見送られた。1989年に「M1500」が登場し、さらに5年後の1994年にようやく製品化が実現した。

アッパーにWolverine社のピッグスキンスエードとメッシュを採用し、青みがかった“スティールブルー”を纏った『M1400』は、凛々しさを感じさせる一足に仕上がっている。

本モデルは、10月2日(土)よりNew Balance公式オンラインストア、一部限定店舗にて発売される。

TAGS