New Balance、フェイスマスクを製造する理由

新型コロナウイルス感染拡大が進行する状況を受け、シューズメーカー「New Balance(ニューバランス)」は先日、フェイスマスクの製造をスタートしたことを発表。

アメリカ国内でPPE(Personal protective equipment個人用保護具)に対して緊急に需要が高まり続けているため、同社はアメリカ国内にある5つの工場のうち、マサチューセッツ州ローレンス工場と、メイン州ノーリッジウォッグ工場で医療用のフェイスマスクの開発、製造を実施。生産を拡大する活動に取り組んでいる。

地元の医療機関や研究開発機関と協議し、フェイスマスクのプロトタイプを1週間で製造。4月中旬までに、ローレンス工場とノーリッジウォック工場を合わせて、週に最大10万ユニットを製造することを目標としている。FDA(Food and Drug Administrationアメリカ食品医薬品局)の要件を理想的に満たし、この基準を必要とする最前線の医療スタッフが自信を持って使用できる製品を実現するために、現在フェイスマスクの設計と材料仕様を同時に進化させているという。

ニューバランスは、「今回のマスクの製造については商業的な目的ではなく、ニューバランスとして、COVID-19の大流行による経済的および公衆衛生危機の中で私たちの多くの従業員たちに誇りをもたらしています」とコメントしている。

また、同社は並行してガウンやフットカバーなど、他のPPEの要求にも、R&Dチームと迅速に対応し、3Dプリント機能を利用したプロトタイプを開発中だという。

なお、現在フェイスマスクの供給はアメリカ国内のみの予定。

TAGS