New Balance アジア製『1700』が10年ぶりに復刻

New Balance(ニューバランス)のアジア製『1700』が10年ぶりに復刻する。

1999年に“made in U.S.A.”モデルが発売された『1700』は、高い衝撃吸収性と安定性を誇るクッショニング素材“ABZORB”を初めてフルレングスで採用し、踵部には摩耗に強いラバー素材“Nデュランス”を搭載し話題となった今もなお高い人気を誇るモデル。

今回登場するアジア製の『1700』は、2010年に発売以来10年ぶりに復刻となる。U.S.A.製と同一のソールを使用し、安定性やクッション性に加え優れた履き心地を忠実に再現。上質なシンセティックレザーや、踵部に施された“LIMITED EDITION”と“new balance japan”の刺繍、2000年に日本で2000足限定で発売されたU.S.A.製のカラーを再現するなど、スペシャル仕様となっている。

アジア製『1700』は、7月10日(金)より日本限定で発売。

TAGS