ハリウッド実写ドラマ版『ONE PIECE』 Netflixで独占配信決定

日本を代表する超人気コミック『ONE PIECE』が、Netflixにて、実写ドラマシリーズとして全世界独占配信されることが決定した。

尾田栄一郎氏による人気コミック『ONE PIECE』は、全世界累計発行部数4億6,000万部を突破しており、日本のみならず世界中に熱狂的なファンを持つ。

1997年「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が開始された本作は、伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーの残したと言われる<ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)>を巡って、主人公モンキー・D・ルフィが率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す壮大な物語。

Netflixは、トゥモロースタジオと集英社と提携し、この誰もが待ち焦がれる海賊たちの波乱と冒険に満ちたストーリーを全10話のドラマシリーズで展開する。

共同制作となるトゥモロースタジオは、マーティ・アデルスタインとITVStudiosのパートナーシップによる製作プロダクションであり、ドラマ「カウボーイビバップ」「スノーピアサー」などを手がけることでも知られるハリウッド有数のスタジオだ。

脚本はJ・J・エイブラムスの制作会社バッド・ロボットを経て「エージェント・オブ・シールド」や、Netflixのマーベルドラマシリーズを手がけた実力派マット・オーウェンズが担当。
また、エグゼクティブ・プロデューサーとして「LOST」を手掛けたことで知られるスティーブ・マエダ、前述のマーティ・アデルスタイン、ベッキー・クレメンツ、マット・オーウェンズが参加する。

そして、原作者の尾田栄一郎氏がエグゼクティブ・プロデューサーとしてこの実写版『ONE PIECE』に参加することも発表された。

過去にも実写映像化のオファーは多数あったという本作だが、尾田先生と週刊少年ジャンプ編集部が様々なハードルを乗り越えられると確信できたことから実現したという今回の実写化企画。
もはや説明不要の<世紀の一大プロジェクト>と言えるNetflixオリジナルシリーズ『ONE PIECE』に期待が高まる。

TAGS