あんたの家族に落とし前つけてもらうよ 東京とロンドンの殺人事件が裏社会の権力抗争へ『Giri / Haji』

果たしてタイトルの“義理”と“恥”が持つ意味とは?
Netflixオリジナルシリーズ『Giri / Haji』が2020年1月10日より独占配信される。

本作のタイトルには日本語の“義理”と“恥”がそのまま使われており、東京とロンドンという異なる2つの都市をまたいで起きた殺人事件が、裏社会の重大な権力抗争へと波及していく様を描く。

Netflix Japan/YouTube

抗争終結の鍵を握るのは、とある日本人兄弟。様々な人物の思惑が渦巻く。兄であり刑事の健三を演じるのは平岳大。そして弟 勇人を演じるのはハリウッドの巨匠マーティン・スコセッシ監督の「沈黙 -サイレンス-」でハリウッドデビューし、国際派俳優の仲間入りを果たした窪塚洋介。さらに「おくりびと」で日本アカデミー賞主演男優賞受賞の本木雅弘が、これまでのイメージを覆す強面ヤクザ 福原役で出演、新境地とも言える新たな魅力にも注目だ。さらに、「トレインスポッティング」や「ノーカントリー」の実力派女優ケリー・マクドナルドら国際色豊かな俳優陣も脇を固める。

主演の平は「非常に練られていて、翻訳にも時間をかけ、我々も意見を述べました。そういったクリエイティブな関係の良い前例を作った、という感じはします」と自信を覗かせる。

窪塚は「リアリティがあって凄いです。普通の日本の人が観てもすごくリアリティがあるように見えると思うんですよ。そして、見たことのある日本の景色だったり、触れたことのあるカルチャーも描かれているのに、観たことのない作品が出来上がっていると思います。すごく不思議な体験をしてもらえるんじゃないかな」と、今までに類を見ない新感覚の作品になっていることを明かす。

さらに本木は「家族の絆や人間の繋がりや心の闇という普遍的なテーマに重きを置いているのが新鮮でした」と語っており、単なるサスペンスにはとどまらない、様々な登場人物の心情が絡み合う濃密な人間ドラマを交えていることに言及、加えて「物語の展開や回想の入り方にスピード感と独特なリズムがあって、どんな映像になるのだろうとワクワクさせてくれる脚本でした」と撮影前の時点から期待を寄せていたことを明かした。

TAGS