「エア ジョーダン」から35年 レブロン、カリー、カワイらNBA現役選手が履くシグネチャーモデル

NBA選手の初のシグネチャーモデルは、1973年にPUMA(プーマ)から登場したウォルト・フレイジャーのシグネチャー「Clyde(クライド)」とされている。そして、1985年にNIKE(ナイキ)からマイケル・ジョーダン初のシグネチャー「Air Jordan(エア ジョーダン)」が発売されて以来、数多くのNBA選手たちのシグネチャーモデルが登場してきた。NBAで活躍する現役選手たちのシグネチャーモデルを紹介しよう。

NIKEと生涯契約を結ぶレブロン・ジェームズのシグネチャーモデルは、2004年から毎年発売されており17作目まで登場している。最新モデル「LEBRON 17」は、アッパーに進化させた新素材“ニットポジット”を採用したユニークなデザインと、豊富なカラーバリエーションが魅力だ。

ラッセル・ウェストブルックは、2018年にJORDAN BRAND(ジョーダン ブランド)から初のシグネチャーモデル「Jordan Why Not? Zer0.1」を発売。2020年には、ダイナミックな動きと判断力に優れたプレイスタイルという彼の二面性を表現する最新モデル「Jordan Why Not? Zer0.3」を発売した。

adidas(アディダス)からは、ダミアン・リラードが2019年にシグネチャーモデル「DAME 6」を発売し、WWEのスーパースターである“ストーンコールド”スティーブ・オースチンへのリスペクトを込めた「DAME 6 STONECOLD」なども展開している。

カワイ・レナードが2020年のNBAオールスターゲームで披露したのは、New Balance(ニューバランス)から登場した自身初のシグネチャーモデル「KAWHI」。ホワイトのアッパーにカラフルな刺繍パターンと、周波数グリッドをモチーフにしたユニークなデザインが楽しい。

ステフィン・カリーは、2015年にUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)と契約し、シグネチャーモデル『SC30』シリーズを展開。UAホバーテクノロジーとマイクロGクッショニングを採用したシグネチャーモデル「Curry 7」を発売している。

ほかにも、NIKEはケビン・デュラントのシグネチャー「KD12」をはじめ、東京を含めた11都市からインスピレーションを受けたカイリー・アービングの「KYRIE 6」、ヤニス・アデトクンボのヨーロッパ出身選手初のシグネチャー「ZOOM FREAK 1」、ポール・ジョージのルーツをたどる内容も盛り込まれた「PG3」などを発売。

adidasからは、特定のブランドから10作以上連続してシグネチャーを発売する8選手のうちの1人であるデリック・ローズの「ADIZERO ROSE」「D ROSE」、ピンクレモネードやクッキー&クリームなどの大胆なカラーを取り入れたジェームズ・ハーデンの「Harden Vol.4」、アメコミテイストを盛り込んだドノバン・ミッチェルの「D.O.N. ISSUE #1」などのシグネチャーモデルが発売されている。

TAGS