ロックダウンでシーズン中断となったNBA選手たちは、どのように過ごしているのか?

新型コロナウイルスの影響により、ロックダウンが続いているアメリカ。当然、NBAも中断されてしまい、選手たちには突然の休日が訪れた。通常であればシーズンも佳境を迎え、プレイオフが始まっているこの時期。選手たちはどのように過ごしているのだろうか。

YouTube

やはり一番多く見られるのが、家族や恋人と過ごす姿だ。ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージは、“事実婚”状態の恋人と仲良く過ごしている様子をSNSにアップ。ニューオリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールは、ロサンゼルスにある実家で、弟のリアンジェロやラメロと遊ぶ様子を投稿している。ちなみにボール3兄弟の末っ子であるラメロは、今年のNBAドラフトへのエントリーが決定。上位指名されることが濃厚だ。

一方、いつシーズンが再開してもいいように、しっかりとトレーニングに励む選手もいる。クリッパーズのモントレス・ハレルは、ランニングマシンで汗だくになるまで走り込んでいるようだ。また、フィラデルフィア・76ersのベン・シモンズは、「何キロあるんだ!?」と思わせる巨大なダンベルでトレーニング。さすが、NBA屈指のフィジカルを持つシモンズである。そして、“キング”レブロン・ジェームズも激しいトレーニングを実施。両腕と両足を交互に上下させるスプリントトレーニングは、観ているだけでもキツさが伝わってくる。

YouTube

チーム施設の使用も許可され始め、徐々に再開に向けて動き出したNBA。5月8日にはリモートミーティングが設けられ、今後の方針がコミッショナーのアダム・シルバーから伝えられた。選手たちは再開に備え、思い思いの毎日を過ごしているようだ。

TAGS