八村塁、バスケを好きになったきっかけのゲームとは?

世界で最も売れているNBA公認バスケットボールゲームで、NBAシミュレーションシリーズとして過去20年間にわたって最高の評価および売り上げを記録しているメガヒットゲーム「NBA 2K」シリーズの最新作『NBA® 2K22』が、9月10日(金)に発売される。

2K Japan/YouTube

『NBA® 2K22』通常版の日本限定版特別バージョンのカバーを飾るのは、2019年に日本人として初めてドラフト一巡目指名を受け、日本人選手として初のプレイオフ進出を果たしたワシントン・ウィザーズの八村塁選手。『NBA 2K20』より本シリーズの日本公式アンバサダーとして活躍中の八村選手が、日本人選手として初めて「NBA 2K」シリーズの日本限定版の表紙を飾る。

最高クラスのビジュアル表現と選手AI、歴史に残るNBAチームでのプレイ、そして多種多様なバスケットボール体験などの特徴を備えた『NBA 2K22』は、初心者からベテランまで誰もが本場NBAの感動と興奮を簡単に楽しむことができる。

8月11日に開催された『NBA 2K22』表紙初披露&記者発表会に、オリンピックを終えたばかりのワシントン・ウィザーズ八村塁選手が登壇。日本バスケの歴史を新たに切り拓いていく八村選手が表紙を飾る『NBA® 2K22』通常版の日本限定版特別バージョンの世界初披露イベントに、ライブ配信視聴者と、会場にはマスコミが集結。
待望の表紙写真の解禁と共に、「NBA2K」シリーズのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるエリック・ベニッシュから最新作のゲーム内容を一部発表する映像も公開され、オリンピックの裏話を八村選手が語ってくれたほか、イベントには2K×八村選手のコラボキャラクターも初登場し、八村選手自らが命名。「2Kムラ(ニケムラ)くん」と名付けられたコラボキャラクターと共に、表紙のフォトセッションを行うなど終始大盛り上がりのイベントとなった。

イベントで開口一番「皆さん、こんにちは!八村塁です。今日はイベントに招いていただいて、光栄です。本当に楽しみです!」という挨拶と共に、東京2020オリンピック競技大会での激戦を終えたばかりの八村選手が笑顔を見せると、集まった多くの報道陣から眩いフラッシュの嵐が起こった。

子供の頃からプレイしていたというほど思い入れの強い本シリーズの表紙を飾ることについて、「すごく嬉しいです!ずっと遊んでいたゲームのパッケージ表紙に自分がなれるなんて、夢のまた夢。当時僕にこのゲームを勧めてくれた友達も、絶対に喜んでくれていると思う」と胸中を明かす中、特別トレーラーが公開されると、「かっこいい!すごく臨場感があって迫力があって」と大絶賛。
さらに、日本バスケの新時代を切り拓き、NBAで夢を実現させていく八村選手とシンクロするように浮かび上がる日本版オリジナルパッケージが初お披露目されると、「実際の試合中の僕を切り取ったビジュアルですね!いいですね」と照れ笑いを浮かべながら大満足の様子で喜びを爆発させた。

また、『NBA 2K』ゲームシリーズのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるエリック・ベニッシュによるメッセージ映像も公開されると、貴重なゲーム開発に関する話に八村選手も興味津々の様子。リアリティが増した映像美、より直観的な体験をもたらす操作性の良さ等、「『NBA 2K22』は歴代最高傑作」と自負するベニッシュのコメントに、八村選手も「貴重な話で面白かったですね。『NBA 2K』は、本当に沢山のモードがあって、色々なやり方で遊べる、大人も子供も楽しめるゲーム。早く僕も最新作をやりたい!」と目を輝かせた。

開会式では騎手も務めた八村選手は、「実は今回から騎手を二人でやることに決まって。僕と騎手を担当する方(須崎優衣選手)がいたんですけど、その方が僕の身長の半分くらいしかなくて(笑)どうやって二人で持とうか?って相談していました」と冗談交じりに告白。「世界中のアスリートが集結する中、会えて嬉しかった選手は誰?」という質問には、「錦織圭さんですね。何度か面識はあったけど、しっかりお話ししたことはなくて。ただ、二人とも緊張してしまって、お互い敬語で話しちゃいました…」と貴重なエピソードも披露。『NBA 2K22』のグローバル版のカバー選手である、スロベニア代表のルカ・ドンチッチ選手との対戦についても触れ、「彼は同世代で、グローバルに活躍されている方で、そんな彼と同じように僕もカバー表紙になれて、嬉しいです」と改めて喜びの想いを口にした。

イベントでは、Twitterライブ配信視聴者から募集したQ&Aのコーナーも実施。「『NBA 2K』をやれば、バスケは上手くなりますか?」という視聴者からの質問に対しては、「直接的には言えないかもしれませんが…」と苦笑いを浮かべつつ、「2Kはとても身近な存在なので、ゲームをきっかけにもっと上手くなりたいと思って沢山練習したらきっと上手くなると思う」とエールを贈った八村選手。「尊敬する歴代の選手、現役選手は?」という質問には、「歴代といったら、やっぱりマイケル・ジョーダンですかね。現役でいったら、レブロン・ジェームズ」と回答し、「世界一活躍している選手たちに肩を並べられるように僕も頑張ります!」とファンに力強くアピールした。

最後に、「子供の頃から『NBA 2K』の表紙になることが夢だったので、こんなにカッコよく仕上げてくれて、夢が叶って本当に感謝しています。2Kは僕がバスケを好きになったきっかけ。最新作のキャッチコピー【好きなヤツほど強くなる。さぁ“ゲーム”を始めよう。】と同じで、僕もバスケが好きだったから、努力出来て今日まで続けられている気がします。皆さんと一緒にこれから『NBA 2K22』を楽しんでいきたいと思います!」と締め括った八村選手。笑顔で会場を後にイベントは終了となった。

© 2005-2021 Take-Two Interactive Software, Inc. and its subsidiaries. 2K, the 2K logo, and Take-Two Interactive Software are all trademarks and/or registered trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. The NBA and NBA member team identifications are the intellectual property of NBA Properties, Inc. and the respective NBA member teams. © 2021 NBA Properties, Inc. All Rights Reserved. Officially licensed product of the National Basketball Players Association. All other trademarks are property of their respective owners. “PlayStation Family Mark”, “PlayStation”, “PS5 logo”, “PS5”, “PS4 logo”, and “PS4” are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc. Nintendo Switch is a trademark of Nintendo. l other trademarks are property of their respective owners. All rights reserved.

TAGS