いろいろ飛び散る!残虐トドメ技炸裂 R指定映画『モータルコンバット』ヤバい版予告編

世界的な人気を誇り、過激描写ゆえに日本では未発売となっている格闘ゲームを映画化した『モータルコンバット』(6月18日より日本公開、IMAXR/4DX/MX4D上映)から、レッドバンド版トレイラーが公開された。

YouTube

本作は、360度展開超絶アクションと、“フェイタリティ”という本作独特の残虐なトドメ技描写満載の究極のマーシャルアーツアドベンチャー。地球で選ばれた最強の戦士たちが血沸き肉躍る戦い“モータルコンバット”に挑み、世界を守る姿を描く。

レッドバンド版トレイラーでは、魔界の刺客であるサブ・ゼロ(ジョー・タスリム)が、圧倒的なまでの力の差で、米軍特殊部隊少佐であるジャックスの腕を氷漬けにして粉砕するトドメの描写(フェイタリティ)から始まる。さらには、伝説の忍者で歴代最強の戦士である“スコーピオン”ことハサシ・ハンゾウ(真田広之)が、ヒモの先にクナイのついた武器を巧みに駆使し、命を狙う黒装束の暗殺者の頭や心臓を突き刺す“フェイタリティ”を披露する場面も。
映像の終盤では、真田広之演じるスコーピオンと宿敵サブ・ゼロによる熾烈なデスバトルが繰り広げられる。氷で生成した剣でスコーピオンの腕を切り裂いたかと思うと、飛び散るその生血を凍らせた血の剣で突き刺すという、サブ・ゼロの残虐かつ狡猾な技が炸裂。そして、魔界の皇帝シャン・ツンの「とどめを刺せ!」というセリフを皮切りに、頭や心臓を一刺しする“フェイタリティ”が5連発が描かれている。

社会現象を巻き起こし、世界で最も売れた格闘ゲームの一つでありながら、激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に日本では現在未発売となっているゲームシリーズ「モータルコンバット」。今回の映画化は、オーストラリアで数々の賞を受賞した監督サイモン・マッコイドが長編監督デビューを果たし、ジェームズ・ワン(『アクアマン』『死霊館』)、トッド・ガーナー(『イントゥ・ザ・ストーム』『タグ』)、サイモン・ママッコイド、E・ベネット・ウォルシュ(『メン・イン・ブラック:インターナショナル』『アメイジング・スパイダーマン2』)が製作を担当した。

キャストには、コール・ヤング役にルイス・タン(『デッドプール2』)、ソニア・ブレイド役にジェシカ・マクナミー(『MEG ザ・モンスター』)、カノウ役にジョシュ・ローソン(『スキャンダル』)、ジャックス役にメッカド・ブルックス(「SUPERGIRL/スーパーガール」)、リュウ・カン役にルディ・リン(『アクアマン』)、シャン・ツン役にチン・ハン(『ダークナイト』『スカイスクレイパー』)、サブ・ゼロ/ビ・ハン役にジョー・タスリム(『スター・トレック BEYOND』『ザ・レイド』)、クン・ラオ役にマックス・ファン、ミレーナ役にシシィ・ストリンガー、エミリー・ヤング役にマチルダ・キンバー、アリソン・ヤング役にローラ・ブレントらが名を連ねる。

©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

TAGS