トム・クルーズ、断崖絶壁から落下 『M:I』シリーズ第7弾は「最も危険なスタント」

トム・クルーズ演じるスパイ組織IMFに所属する主人公イーサン・ハントと彼率いるチームの活躍を描く全世界で大ヒットの「ミッション:インポッシブル」シリーズ。その7作目となる最新作『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(原題:Mission:Impossible – DEAD RECKONING – PART ONE)』が、2023年に全国公開される。

パラマウント・ピクチャーズ/YouTube

つい先日、映画『トップガン マーヴェリック』(5月27日公開)のPRのため約4年ぶりの来日を果たしたトム・クルーズ。最新作は、トムの他、ベンジー・ダン役のサイモン・ペッグ(『ミッション:インポッシブル3』以降シリーズ)、イルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』以降シリーズ)、ルーサー・スティッケル役のヴィング・レイムス(『ミッション:インポッシブル』全シリーズ)などお馴染みのメンバー、前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』から参加のホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービーが出演する。また、シリーズ1作目以来の登場となるユージーン・キットリッジ役のヘンリー・ツェーニーがカムバック。そして、本作よりヘイリー・アトウェル(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)、ポム・クレメンティエフ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、イーサイ・モラレス(『バッド・ボーイズ』『ザ・タウン』)が初参加となる。

かつてCIAに所属しIMFの監督官だったユージンより「君の“大義”のための戦いは 終わりだ」と告げられるイーサン。「君が守ろうとしている理想は存在しない どちらにつくか選べ」。これまで不可能なミッションを完遂してきたイーサンたちの行いは果たして本当に“善”であったのか―?と意味深な問いかけが投げられる。

本作のタイトルである“デッドレコニング”とは、“推測航法”の意。航行した経路や進んだ距離、起点、偏流などから過去や現在の位置を推定し、その位置情報をもとにして行う航法のことであり、イーサンのこれまでの軌跡を辿る集大成の物語となっている。イーサンの過去、そして現在までの旅路の果てに待ち受ける運命とは―。今回はアブダビ、ベネツィア、ローマ、ノルウェーなど様々な国でのミッションに挑むメンバーたちの姿や列車での戦闘シーン、ローマ市街地でのカーチェイスなどアクションも見どころ満載の予感。

映像の最後には、バイクで超特大ジャンプを決め崖から真っ逆さまに落下するイーサンの姿が。なお、ロケ地はノルウェーヴェストラン地方の最北部、ムーレ・オ・ロムスダールにある山の断崖絶壁。これまでのシリーズでも数々の超衝撃アクションに挑んできたトムは、このシーンにも自ら挑戦している。1万3000回ものバイクジャンプを行い1年以上にもわたるトレーニングを積んだそうで、トム自身も「俳優人生で最も危険なスタントを行った」と語るほど。

今回公開された特報映像は、トム・クルーズ主演最新作『トップガン マーヴェリック』公開日(5月27日)より、全国の映画館の一部にて上映される。

©2022 PARAMOUNT PICTURES.

TAGS