路上の喧嘩は1分でカタがつく! 朝倉未来 “1分最強の男”を決める

2月25日(木)、都内赤坂にあるジム・トライフォース赤坂にて、「1分間最強の男を決める」をコンセプトとした総合格闘技の大会「BreakingDown」が5月9日に開催されることが発表された。

朝倉未来はスペシャルアドバイザーとして参画。世界が危機的状況の中、多くのスポーツ観戦の機会が失われていることを踏まえ、しっかりと感染対策をしたうえでの「1分」という超短期戦の試合形式を新しく提唱した。

未来は会見で、路上のケンカは1分でカタがつくことが多いのを例に「『1分最強』というのにロマンが詰まっている」と、大会の意義を説明。詳細なルールについては関係者や一般からの意見を集約して調整をしていく予定だという。

自分が最強と信じる「喧嘩無敗」の人物や、漫画『バキ』シリーズで出てくる地下格闘技場のように「相撲最強」「柔道最強」といった他ジャンルからの参加も呼び掛けた未来は、ゆくゆくは「BreakingDown」から頭角を現した選手に「RIZIN」などプロの大会に挑戦してほしいとの構想も明かした。

「もし自分がこのルールで戦うとしたら?」という質問に未来は「僕多分、このルール最強なんです。自分が強い自信があります」と回答。自身はプロのため大会には参加できないとしながらも「僕自身も楽しみですし、すごくバズるんじゃないかなと思っているので、楽しみにしていただければ」と呼び掛けた。

また、この日同席をした弟の海は、勇気をもって殴り合いができる「気合が入っている人」の参戦を求め「たくさんの人に応募してもらって“挑戦する場”になれば」と、チャンスをつかみとってほしいと語った。

記者会見同日には、3試合の模擬試合が実施された。1分1ラウンドという超短期決戦ということもあり、開始のゴングが鳴ると即座に相手に飛びかかり、フルスイングをする激しい戦いが展開。模擬試合の様子は後日、未来のYouTubeチャンネルで公開されるということなので、こちらも要注目だ。

YouTube

「BreakingDown」第1回大会の応募期間は3月17日まで。応募資格は「応募の対象となる大会当日においてプロ3戦以内」の男性で、年齢は試合当日において35歳未満の「通常枠」と35歳以上の「オーバーエイジ枠」に分かれており、詳細については「BreakingDown」のオフィシャルサイト(https://breakingdown.jp/)に記載されている。

オーガナイザーの“戦う弁護士”堀鉄平は大会によって格闘技人口が増え、海外でも活躍できるような選手が出ることに期待しているとコメント。新格闘技大会の出現で、新たな“朝倉兄弟”のような強者が誕生をするのかに、期待が集まる。

TAGS