コービーとジジへ捧ぐ クエヴォ(Migos) 追悼を込めたシューズ『ナイキ コービー 11』

NBAオールスターウィークエンドの魅力は、人気選手がチームの垣根を超えてプレイするだけでなく、趣向を凝らしたイベントも同時に行われ、ファンを楽しませてくれるところにある。

“セレブリティ・オールスターゲーム”もその1つで、アーティストや俳優など各界の著名人が参戦し、2チームに分かれて対戦する名物企画だ。今年はハーフタイムショーにも出演したチャンス・ザ・ラッパーと、俳優/ラッパーとして活躍するコモンがそれぞれチームキャプテンを務め、球宴の週末を盛り上げた。

一方、今年のオールスターウィークエンドでは、開催直前に不慮の事故でこの世を去ったコービー・ブライアントへの追悼も随所に込められていた。

チャンス・ザ・ラッパーチームの一員として参加したヒップホップトリオ、ミーゴスのメンバーであるクエイヴォは着用したシューズにコービーへの哀悼を込めた。彼が選んだシューズは『ナイキ コービー 11』。コービー、そして同時に亡くなった次女ジアナの肖像とともに背番号「8」「24」「2」をペイントしゲームに臨み、「コービーとジジに捧げる」と、偉大なスターの早すぎる死を悼んだ。

ちなみに、クエイヴォはバスケ好きとしても有名で、腕にもなかなかの自信があるようだ。その証拠に2018年、2019年にも“セレブリティ・オールスターゲーム”に参戦。2018年にはMVPを獲得している。
残念ながら今年は相手チームに勝ちを譲ったが、自身のハイライトはバッチリ主張。ゲーム終了後、MVPを獲得したコモンのシュートをブロックしたシーンをInstagaramに投稿し、「よ、MVP! いい試合だったよ!」と皮肉屋で負けず嫌いなコメントを残しつつ、バスケの楽しさを伝えていた。

View this post on Instagram

@common Good Game MVP!!!🤚🏾

A post shared by QuavoHuncho (@quavohuncho) on

NBA/YouTube

TAGS