世界中の映画好きが注目する映画スタジオA24が贈る、エモい青春スケボームービー『mid90s』

2度のオスカーノミネートを果たし、「21ジャンプストリート」などの出演でも人気の俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた映画『mid90s ミッドナインティーズ』が9月4日(金)より公開される。
この度、LAの抜けるような青空のもと、スケートボードに出会った少年が子供から大人の扉へとまっすぐに進んでいく時間を切り取った、予告編が解禁された。

YouTube

本作は、90年代のロサンゼルスを舞台にシングルマザー家庭に育った13歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)が、スケートボードを通してかけがえのない仲間達と出会い、子供から大人への扉を開いていく、ジョナ・ヒル自身の半自伝的な10代の想い出をもとに珠玉の青春映画へと作り上げられたストーリー。

タッグを組んだのは、日本での『ミッドサマー』の大ヒットも記憶に新しく、『レディ・バード』『ムーンライト』などアカデミー賞の候補作を続々と送り出すなど、世界中の映画好きから注目の的となっている気鋭の映画スタジオA24。懐かしくて新しい90年代への愛情と夢をたっぷりに描いた10代の少年たちの成長物語はあらゆる世代の共感を呼び、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ10インディペンデント映画にも選出、全米4館からスタートしたにも関わらず、1,200スクリーン超まで拡大するスマッシュヒットを記録した。

兄(ルーカス・ヘッジズ)が出掛けている間にこっそりと部屋に入り、棚に並べられたお気に入りのCDやカセットテープに入った音楽、洋服を熱心に調べるスティーヴィー。スティーヴィーの世界にとって長い間、絶対的な存在であり、憧れると同時に恐怖の対象だった兄に少しでも近づきたい一心だった。

View this post on Instagram

Worth your Discman. #Mid90s is Now Available on Digital

A post shared by Mid90s (@mid90smovie) on

しかし、ある日偶然出会った“スケートボード”をきっかけに、少しずつその日常が変わり始める。勇気を出して踏み出したその世界はこれまで知らなかった新しいことだらけ。子供だけで行くドライブや年上の女の子とのデート、親身な言葉をかけてくれるかけがえの無い仲間との出会いなど、たくさんの“初めて”を経験、少しずつ広い世界を知っていく…。

自分の大切な仲間を理解せず、見た目だけで判断する母親との言い争い、これまで尊敬と畏怖しかなかった兄の弱いところを目撃し、初めて「お前なんか怖く無い」と抗えた瞬間、だれもが経験する子供から大人へと成長していく貴重な時間を切り取ったシーンが満載。LAの抜けるような青空のもと、おぼつかないながらも一人でボードを走らせていくスティーヴィーの姿や、本作のために出演した現役のプロスケーターが魅せる華麗なスケートテクニックも必見だ。

『40歳の童貞男』などのジャド・アパトー作品でキャリアを積み、アメリカを代表する大人気コメディ俳優となったジョナ・ヒル。『マネーボール』でブラッド・ピット演じる主人公の右腕を演じアカデミー賞助演男優賞にノミネート、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ではレオナルド・ディカプリオとのコンビが高く評価され、いまや不動の実力派人気俳優となった彼の初監督作となる本作は、子供と大人の中間で悩む誰もが共感必至の青春ストーリーとなっている。

不安と希望を胸に未来に立ち向かっていく主人公スティーヴィーを演じるのは、『ルイスと不思議の時計』『聖なる鹿殺し』のサニー・スリッチ。母親ダブニー役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのキャサリン・ウォーターストン、兄のイアンに『ある少年の告白』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズと脇には人気・実力を兼ね備えた俳優陣が揃う。

ライフスタイルがデジタル化される最後の時代。90年代のあの頃を背景に、懐かしくて新しい青春映画のマスターピース『mid90s ミッドナインティーズ』は9月4日(金)より公開。

View this post on Instagram

@olanprenatt @thatsonme Watch #Mid90s now

A post shared by Mid90s (@mid90smovie) on

© 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

TAGS