マジックやバークレーも憧れた “神様”ジョーダンの華麗なキャリアを振り返る

NBAシカゴ・ブルズで活躍し、”バスケットボールの神様”と称されるスーパースター、マイケル・ジョーダン。そんな彼の華麗なキャリアを振り返る映像が公開されている。

映像にはジョーダンの素晴らしいプレーと共に、バスケ関係者のインタビューも紹介。マジック・ジョンソンは「たった1日でいいからジョーダンのように空中を飛びたい、と思わせてくれる選手だった」と振り返っている。またシャキール・オニールからは「ジョーダンはヒップホップ・バージョンのドクターJ(ジュリアス・アービング選手)みたいなものさ」という名(迷)言が飛び出し、チャールズ・バークレーからは「時々、自分がジョーダンだったらと思うよ」と言われていた。

NBA/YouTube

中にはNBAだけでなく、1982年のノースカロライナ大学時代の映像もあり、当時から頭角を現していたのがわかる。84年のNBAシカゴ・ブルズ入団後は瞬く間にスターの仲間入りを果たし、関係者からは「毎年強くなっていく」「プレー自体も進化を遂げている」と称賛されていた。

その後はアメリカだけでなく、世界中で人気を博していったジョーダン。92年にはドリームチームの一員としてオリンピックの金メダルを再びアメリカにもたらしただけでなく、NBAファイナルでも見事なプレーで観客をわかせた。

ジョーダンは93年に父親の突然の死に直面し、一度は引退を宣言。その後MLBへの挑戦を経て95年にブルズに復活し、98年に再び引退した(さらに01年から03年までワシントン・ウィザーズでプレーした)。

TAGS