日本マクドナルド50周年 初代キャラクター“スピーディー”の特別パッケージを展開

「McDonald’s(マクドナルド)」が、日本第1号店オープンから今年で50周年を迎えたことを記念して、アメリカ創成期のマクドナルドのキャラクター“Speedee(スピーディー)”がデザインされた特別パッケージを期間限定で展開する。

日本のマクドナルドは、1971年7月20日、東京「銀座三越」の1階に第1号店をオープン。当時の日本ではまだ“ハンバーガー”という食べ物はほとんど馴染みがなかったが、50年の歳月を経て今ではすっかり定着、現在は、全国47都道府県に約2,900店舗を展開、年間13億人が利用するまでに成長した。そして今年、50周年となるアニバーサリーイヤーにマクドナルドは、様々な記念キャンペーンを予定している。

今回第1弾として、2020年1月に数量限定販売した「マクドナルドの福袋2020」内のオリジナルグッズにも登場し話題を呼んだ“スピーディー”がデザインされた特別パッケージを期間限定で展開。このアメリカンヴィンテージなパッケージは、「マックフライポテト(S/M/Lサイズ)」「チキンマックナゲット(5ピース/15ピース)」「コールドドリンク(S/M/Lサイズ)」「ホットドリンク(S/Mサイズ)」「ホットアップルパイ」「ハッシュポテト」、そして「お持ち帰り用の紙袋(大/中/小)」の計15種類で順次登場する。

“スピーディー”の特別パッケージは、全国のマクドナルド店舗(一部店舗を除く)で5月末から8月下旬まで展開予定。また、50周年を記念した特設サイトが公開中。ここではマクドナルドの歴史をゲーム感覚でドライブしながら楽しめる「ROAD TRIP」や定番メニューのトリビアなど、様々なコンテンツを展開しており、今後も順次アップデートされるという。

TAGS