マキシマム ザ ホルモン最新曲『ハングリー・プライド』がCMソングに カップヌードル「HUNGRY DAYS」シリーズ完結

マキシマム ザ ホルモンの楽曲『ハングリー・プライド』を使用した日清食品のカップヌードルのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」の最終回「HUNGRY DAYS ワンピース 頂上騎馬戦 篇」が2月7日よりオンエアされる。

日清食品グループ公式チャンネル/YouTube

『ONE PIECE』とコラボレーションしたカップヌードルのCMシリーズ第一弾として、2019年5月にオンエアを開始した「ゾロ 篇」は、『ONE PIECE』を青春アニメ化した驚きと、CMに散りばめられた名シーンや小ネタの数々が話題となり、CM総合研究所の2019年6月度CM好感度調査で日本一を獲得。また、「HUNGRY DAYS」シリーズのWEB動画再生回数は4,400万回 (Twitter、Facebook、YouTubeの合計) を突破するなど、人気CMシリーズとなっている。

シリーズ最終回の「頂上騎馬戦 篇」は、これまでの作品からトーンを一変し、原作で歴史的名場面として多くのファンに支持されている「頂上戦争」のストーリーを、体育祭の“熱すぎる”騎馬戦を舞台に、その迫力や臨場感をワンカットで撮影したようなアニメ映像で表現。黒ひげに立ち向かう白ひげやエースなどの人気キャラクターが登場するだけでなく、これまで明かされていなかった主人公・ルフィの高校生としての素顔が、ついに公開されるのも見どころとなっている。

騎馬戦の激しさを表現するため、音楽には新たにマキシマム ザ ホルモンの最新楽曲「ハングリー・プライド」を起用。また、ルフィ役の田中真弓をはじめ、アニメ版『ONE PIECE』と同じ声優陣が多数出演するほか、ナレーションは人気声優の林原めぐみ、キャラクターデザインは窪之内英策と、これまでと同様の豪華布陣が最終回を盛り上げる。

TAGS