“伝説の一戦” 那須川天心が武尊を狂わせた一撃

魔裟斗が那須川天心と武尊の世紀の一戦を振り返った。

YouTube

6月19日に東京ドームで開催された『Yogibo presents THE MATCH 2022』。同大会では那須川と武尊の一戦に加え、RISEとK-1による名勝負が繰り広げられた。

試合を観終わった直後と思われる魔裟斗は「すごかった」と2人の戦いを手放しで称賛。試合前の解説で、ポイントは「ジャブ」だと語っていたことについて「言った通りじゃなかった? 天心メッチャジャブ出ていた。武尊ジャブ出なかったもんね」と、ジャブが勝敗を分けた解説。

「(天心がジャブで)最初スペース作っていって、武尊も入れないから強引に大きなパンチを振っていって、そこに見事に合わされたよね、天心の左」と、ダウンを奪った那須川の一撃はジャブが起点になったとして「まあ天心の強さ、うまさが光った。まあ、完封したって感じ」と語った。

2人の今後について、勝者の那須川には「無敗でボクシングにいくことになって、この先もまだまだ23(歳)とかでしょ? どこまでいくか楽しみだよね」と期待を寄せ、武尊には「この先どうするのかわからないけど、ちょっとのんびりして考えたほうがいいよね」と言葉を掛けた。 明暗が分かれた試合となったが、魔裟斗は「絶対この試合やってよかったと思う」とコメント。

「やったからこそこれだけの盛り上がりがあって、キック界がひとつになった」と、自身も経験がないほど東京ドームに観客が集まったことに驚嘆している様子で「伝説の興行だね」と振り返った。

魔裟斗は「2人はキック界の宝。あの2人がいたからこそ、こんなに大きな興行ができた。この半年本当に楽しんだからね。俺みたいな気持ちになっている人いっぱいいると思うよ。勝った天心も負けた武尊もね本当にお疲れ様でした、という感じだね」と、2人に労いの言葉を送り「刺激をもらったし、また俺も頑張ろうかな!」と笑顔を浮かべていた。

TAGS