もし1ラウンドに… “世紀の一戦”天心vs武尊、勝敗のカギは?

6月19日(日)にABEMAにて完全独占生中継される格闘技イベント『Yogibo presents THE MATCH 2022』でついに対決することとなった那須川天心と武尊。レジェンドファイターの魔裟斗が2人の戦力を分析の上勝敗予想をし、より多くの人に見てほしい一戦だと呼びかけた。

ABEMA 格闘CH【公式】/YouTube

まず魔裟斗は那須川を「天才」だと言い切ると「5歳から極真空手に父親に連れて行かれて始めて、本当に子どものころから格闘技の英才教育を施された選手。プロになってからも無敗、神童ですよね」と絶賛した。

空手独自の技に加えてムエタイの技術、さらに現在はボクシングを習っていることから「この3つの技術を持っているのが天心の強さ」だと説明。一度はボクシング転向の準備を進めていたため、直近の試合の戦い方に変化があったとしながらも「また昔の天心が戻ってくるんじゃないかなと」と、アグレッシブな戦いぶりになるだろうと予想した。

魔裟斗は一方で武尊を那須川とは真逆のタイプで「努力と根性でここまで上がってきた」と説明。打ち合いで武尊が負けるのを見たことがなく、常にK-1のトップファイターとして興行を盛り上げる試合をしてきたと、好勝負に期待を寄せた。

試合展開については「2人とも判定決着狙わないと思います。本当に1ラウンドが大事ですね」と、試合序盤に武尊が那須川のスピードについていけるかがカギになると解説。

「ただ1ラウンドを越えて2ラウンド、3ラウンド後半にいったら、武尊のプレスは世界一強いプレスなので、あのプレスで天心を追い込んで行くことができれば武尊のペースになって行くんじゃないか」と、後半は武尊有利の展開になると予想した。

試合の序盤は相手のスピードに慣れず、戸惑うことがあると語った魔裟斗が例に挙げたのは2004年大晦日の自身と山本“KID”徳郁との一戦。魔裟斗は1ラウンド目にKIDの1撃でダウンを喫しており「あれは1ラウンドのKIDの出入りのスピードにまだ慣れてない。ただ2ラウンド、3ラウンドになればスピードには慣れていく」と、自身の経験をもとに語った。

また「1ラウンドでボコボコ打たれたら、そのまま天心が1ラウンドで倒す可能性もあると思う。だから1ラウンドは本当に大事」と、那須川によるKO劇の可能性についても言及した。

最後に魔裟斗は「格闘技ってある意味昔からある日本の文化のひとつじゃないですか。それを東京ドームという日本で一番大きな舞台で最強のふたりが戦うというのがね」と試合の意義について力説。

「格闘技っていろいろなものを伝えるパワーを持っていると思うんです。その天心と武尊ふたりのパワーをいろいろな日本中の人に見てもらって勇気と元気を」と、ぜひ試合を観てほしいと呼びかけた。

TAGS