宣言通りトドメを刺す “新時代の怪物”野杁正明はなぜ強いのか?

魔裟斗が9月20日(月・祝)に横浜アリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~』のK-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメントで優勝した、野杁正明の強さについてYouTubeチャンネルで分析した。

魔裟斗&武蔵チャンネル ムサマサ!/YouTube

野杁は同トーナメント決勝で安保瑠輝也と対戦し、激しい打ち合いの末3ラウンド目に強烈なボディからの3ノックダウンでKO勝利。野杁はトーナメントの全試合をKOで勝利し、安保はこの試合で肋骨にヒビが入ったことを明かしており、野杁の攻撃力の高さが際立つ大会となった。

魔裟斗はこの日、解説席から「野杁はなんでこんな強いのか」と関心を持って試合を観ており「顔面へのパンチもピンポイントで全部アゴを殴る」と、的確にアゴを破壊する攻撃を繰り出していることに気づいたそう。

「ボディーブローでもレバーとかみぞおちとか、ちゃんとピンポイントで当てる。だからこんなに一気に倒れる」と、野杁の正確無比な攻撃がKO劇を量産する理由だとして「向き合ったら怖いタイプ」とまでコメントした。

さらに魔裟斗は、野杁がもともと安保戦で「3ラウンド目で“トドメ”を刺す」という作戦を立てており、それを遂行しての勝利だったことにも触れて「本当たいしたもの」と高く評価。

「9月20日の野杁を観ていたら『ああ、これは強いな』と思いましたね」と振り返った魔裟斗は、彼が“新時代の怪物”と呼ばれていることについて、今回の試合を観たことで「確かに“怪物”だな思った」と総括した。

TAGS