ブチギレ死闘の武尊 “高速カーフキック”のヤバさ

魔裟斗と武蔵がローキックやカーフキックといったキックの技術について、自身のYouTubeチャンネル「魔裟斗&武蔵チャンネル ムサマサ!」で徹底解説をした。

魔裟斗&武蔵チャンネル ムサマサ!/YouTube

魔裟斗は、先日開催された『K’FESTA.4』の武尊対レオナ・ペタス戦を観て気づいたという武尊の蹴りについて解説。
蹴り足となる後ろ足のつま先の向きについて、ムエタイがベースの場合は対戦相手の方を向かずに外に開いている選手が多いが、武尊は蹴るときにこれを対戦相手に向けており、これによってノーステップでワンテンポ速く蹴ることができるのだという。

魔裟斗はこのテクニックを使ってカーフキックを蹴っていたと説明をすると、武蔵は「レオナ選手はやたらカーフ蹴られていたなと思って。なんでこんなにカーフをもらったんやろう」と、疑問に思っていたことを明かした。

TAGS