勝てる気しない 朝倉未来はまだまだ強くなる

朝倉未来は昨年大みそか、さいたまスーパーアリーナで開催された『Yogibo presents RIZIN.33』で斎藤裕とのリベンジマッチに勝利。レジェンドファイターの魔裟斗は自身のYouTubeチャンネルで朝倉の戦いぶりを絶賛した。

魔裟斗チャンネル/YouTube

魔裟斗は『RIZIN.33』について、特に朝倉対斎藤戦は注目しており「1人で声出しながら観てましたよ」と振り返る。

特に朝倉が膝のカウンターを決めた瞬間には思わず声が出たそうで「あの膝蹴りのカウンター完ぺきでしたね、相当効いたと思いますよ」と絶賛。2ラウンドで打撃不利とみた斎藤が「タックルにいかなければ」という心理状態になったことで、カウンターが成立したのではないかと解説した。

「総合は知らないけど」と魔裟斗は前置きしつつも「多分、あれやられちゃったら『為す術ない』って状態に斎藤選手なったと思うんですよね」と斎藤の心中を推察。「結果的には多分、完勝」と総括する魔裟斗は「斎藤選手は、次やっても勝てる気がしなかったと思いますよ」とまで言い切った。

インタビュアーのスタッフが「そこまで?」と驚くと「こういう勝ち方は『次もうやりたくない、絶対に勝てない』って気持ちにさせる勝ち方。斎藤選手からしたら『どうしようかな、この先』って思う」と、如何に圧勝だったかを説明した。

「(斎藤が朝倉に対して)『強くなったな』と感じた試合だったと思う」と分析した魔裟斗。過去の対談企画で、練習はスパーリングのみだと語る朝倉に「練習しないでそれだけ強いんだから」と助言しており「実際にそれから走り込みを始めたり、スパーリング以外のトレーニングを始めたじゃないですか。だからここでまた一段と強くなった」と分析。

「でもこれ、まだまだですよ。こっからですよ強くなるのは」と、朝倉はさらなる高みに行くとして、クレベル・コイケへのリベンジや世界での活躍に期待を寄せた。

TAGS