衝撃の結末 “サモアの怪人”マーク・ハントのヘヴィ級パンチを腹に食らうとどうなるか?

UFCヘヴィ級ファイターのマーク・ハント。スーパー・サモアンの異名で知られ、格闘界屈指のハードパンチャーとして有名だ。かつてK-1で対戦した天田ヒロミは、マークにKOされた後、その強烈さゆえ「1発で飛べたので気持ちよく死ねました」と語ったほどだ。一流の格闘家でも意識ごと吹っ飛ばすほどのパンチなのである。それをまともにくらったら、普通の人間はどうなる?

YouTube

当然それは地獄の苦しみのはずで、限りなく自殺に近い行為だろう。たとえ生き延びて「マーク・ハントのパンチから生還しました!」と自慢できても、身体はもう以前のようにいうことをきかないだろう。あまりにリスクが大きすぎる。

だがそんな稀代のパンチャーであるハントの全力の打撃を受けるため自ら名乗り出た一人の勇者がいた。自らガラ空きの腹部を晒し「いつでもいいよ!」と言わんばかりの笑顔を見せる色白ちょいポチャの少年……「お前は一体何者なんだ!?」っていうか、死ぬぞ!!!

周囲が固唾を呑む中、“ヌードルズ”のニックネームで呼ばれているこの少年は、本当にハントのパンチを腹に受けるのである。スロー映像が、ウォーターベッドのように激しく波打つ彼の腹部の“お肉”を映し出す。“お肉”の揺れを見るに、それはそれはものすごい衝撃のはずだ。ヌードルズ、このまま跡形もなく弾け飛んでしまうのか…!?

しかし。少年は粉砕されることも、倒れることもなく、笑顔のままぴょんぴょん飛び跳ねているではないか! なんと、あのハントの強打に全くダメージを受けていない様子。やせ我慢なのか、いやそんなはずはない。スーパー・サモアンの超人的パンチは、決して我慢できるほど生易しいものではない。

しかし、嬉しさで飛び跳ねるヌードルズのお腹の肉は波打ち、一方のハントは「Oh My God……!」とでもいうかのようなジェスチャーを見せる。ショックだっただろう。プニプニの素人少年の、ガラ空きボディを打っても倒せなかったのだから。思いつめて引退しないことを祈るばかりである。

しかしヌードルズ、恐ろしい男だ。かつてここまで屈強な人間がいただろうか……いや、結局おまえは誰なんだ!!!

TAGS