喧嘩上等、力士に奇襲… 前田日明、恐怖のやんちゃ伝説

前田日明の公式YouTubeチャンネルで、「【対談】蝶野正洋×前田日明 三銃士が憧れた前田日明のマル秘エピソード」が公開され、新日本プロレスのレジェンド2人がトークを展開。プロレスや総合格闘技などの実況アナウンサーとしても知られる清野茂樹をインタビュアーに、現役時代の思い出や、過去のデンジャラスなエピソードを語り合った。

前田日明チャンネル/YouTube

学生時代は喧嘩に明け暮れる日々もあったと語る蝶野だが、前田も“やんちゃ”ぶりは相当で「喧嘩って相手を驚かせたほうが勝ちなんですよ。相手を思いもよらなかった展開に持っていく“呼吸”はプロレスにもよく似ているんです。驚かすと人間はすぐに恐怖に結びつくんです。その延長線上にプロレスがあったので、自分なんかはそういう呼吸は役に立ちました」と、喧嘩の神髄についてレクチャー。

高校生のときにストリートで敵なしだったという前田は、大阪場所で興行にきていた力士に勝負を挑もうとしたことがあったそう。背後から忍び寄り、髪の毛を掴んでの奇襲を考えていたそうで「殴って様子を見て、もしあれだったら膝1発かまして、それでも倒れなかったら逃げよう」と、作戦を立てていたという。

しかし、作戦を決行しようと力士に背後から近づいたものの、気配に気づいて振り向いたのは当時の横綱・輪島。「輪島や!」とビックリした前田は「お疲れ様です!!」と退散したという。

あまりにもデンジャラスな武勇伝に、蝶野が「まだ高校生で細い前田さんですよね」と問いかけると、前田は「そう。あのころ俺、73キロぐらいだからね」応じて、これにはインタビュアーの清野も「それ行ってたら、大変なことになってましたね……」と驚愕していた。

TAGS