朝倉未来・海を「RIZIN」にすぐ参戦させなかった理由 恩師・前田日明が語る

前田日明がYouTubeチャンネルを開設して、「【対談】朝倉海 × 前田日明 ~前田が必殺技を伝授!?~」を公開。海とのトークを繰り広げた。

前田日明チャンネル/YouTube

前田は、海と堀口恭司との一戦を挙げて「いろいろな能力が頭2つぐらい抜けている」とコメント。「試合が決まったときは『いやぁ、どうかな』って思ったけど、ふたを開けてみたら『あぁ』って感じでね、兄弟でちゃんと戦略を練って練習して大したもんだね」と高く評価した。

海は登場すると恩師に向かって「よろしくお願いします!」と手を差し出し、固い握手を交わす。スタッフから出会った当時の朝倉兄弟の印象を聞かれた前田は、「今までの選手と違って、パンチが当たったときの槍で突き刺すようなパンチ。もうズコッズコって入っていくんだよね。パンチが当たった感じがね。普通の選手だったらパチーンって感じで、重いものとか硬いものを殴って、手が跳ね返される感じがあるんだけど、彼らの場合はズーンって入っていくんだよね」と、はじめからパンチの質が違ったと明かす。

海は<OUTSIDER>時代の前田との思い出について、試合後に毎回「女遊びをしすぎずに頑張れよ」と言われていたことを明かす。前田いわく、当時の<OUTSIDER>の選手は人気があり「女に走って急に減速しちゃったやつがけっこういたから」と、女性がらみで海の才能が埋もれてしまうことを心配していたのだとか。

前田は朝倉兄弟が<RIZIN>に参戦する前に、韓国の総合格闘技団体<ROAD FC>で試合をさせて理由について「韓国人っていうのはね、体格の強さとか、そういうのが世界レベルなんですよ。その上に技術が乗るので、いろいろな意味で<RIZIN>で先にそれを経験させると、<RIZIN>で修斗の上位に当てられても、全然慌てなくなるんですよね」と、2人を成長させるためだったと説明。

海は「僕も当時は、早く<RIZIN>に出たいって気持ちでいっぱいだったから『なんで出させてくれないのかな?』ってずっと思ってたんですけど、今思えば経験を積ませてもらって、いいタイミングで出してくれた」と振り返り、<OUTSIDER>時代からの前田のマッチメイクで、自身が成長できたと感謝した。

また、前田は朝倉兄弟に「カウンターっていうのは当て勘だとか運動神経でやるんじゃないんだよ。仕掛けなんだよ」と、相手に手を出させるように仕向けてカウンターを当てることをアドバイスしていたという。「こいつは理解できたらできる」と思った選手にだけ告げていたそうで、前田は「実際にできたのはその2人だよね」と、朝倉兄弟だけがそれを実現できたことを明かした。

そんな前田に海は「僕がこうしたらもっと強くなるんじゃないかっていうのを教えてください」と、直接指導を希望。前田は「アホみたいにすぐにできることでいっぱいある」として、本気のレクチャーを開始した。

指導の内容は「秘密」とのことで、動画にはモザイクがかかり、音声もほとんどわからない状態に。前田は「相手の蹴り取れるやろ」と、蹴りのキャッチに関するものと思われる指導を開始。前田が海の足を取ったまま、身体をひねるような動作をしてみせると、海は「あー! ヤバいやつだ、ヒザ!」と声を上げて「やばいす、この人。エゲツないことを教えてくれました」と漏らしていた。

TAGS