“格闘王” 前田日明、話題の長州力Twitterをバッサリ一刀両断

蝶野正洋の公式YouTubeチャンネルで、「【一刀両断】話題の長州力Twitterを徹底解説!蝶野正洋×前田日明スペシャル対談(プロレス)」が公開され、前田日明がいま話題沸騰中の長州力のTwitterを一刀両断に切り捨てた。

CHONO Network【公式】蝶野正洋/YouTube

蝶野が「長州さんのTwitterがものすごく話題になっているんですけど、どうですか?」と、フォロワー数が40万人を超えている長州のTwitterアカウントについて話を振ると、前田は「『ああ〜またやってる』って思わない? アングル(演技)に決まってるでしょ」とキッパリ。

「レスラーほど、この世の中に敏感で、仕組みに神経質でっていう連中はいない」と続けた前田は、「昔から、バカを装うんですよ。基本はバカを装う」と、一連の投稿は長州の計算だと推理した。

「今回の長州さんのTwitterというのは?」と、蝶野があらためて確認すると、前田は「あんなもん役者に決まってる! 500パーセント役者だよ、よく言うぜって感じだよ」と言い放つ。

「わからずスタートをしたのか、わかっていてバカを装ったのか」という問いかけには、「1番最初は起承転結の『起』で、つかみが大事だから、つかみを『バカ』にしている」と語り、蝶野を「長州さんそこまで考えていたんだ……」と驚かせていた。

また、蝶野が武藤敬司のTwitterアカウントにも触れて「自分で書いてないですよね。ほとんどマネージャー」と説明すると、前田は「武藤は、しゃべることに自分で劣等感があるんですよ。『あんまりうまくないな』っていう、そういうのがあるんだよ」と、手厳しくコメントし、容赦がなかった。

TAGS