コーンフレークやないか ミルクボーイ内海みがあるクセ強バスケ選手がネット民に大人気

コロナウイルスにより2020年の大会が中止となったNCAA大学バスケ“マーチ・マッドネス”が2年ぶりに帰ってきた。アメリカ全土が熱狂する3月の“風物詩”なこの大会に、ひときわネットから注目を浴びている選手がいる。それはロヨラ・シカゴ大学のエース、キャメロン・クルトヴィッヒだ。

YouTube

およそ大学生には見えないが正真正銘1998年生まれの22歳の現役NCAA選手。ひと目見たら忘れられないクルトヴィッヒにツイッター民が夢中になっている。

「彼は私のお気に入りのカレッジ選手であり、コーエン兄弟が作る映画のキャラクターよ」

—彼は何の仕事をして生きているように見えるか?というお題に対して

「彼はものすごく暇なマットレス屋さんで、店頭見本を売りつけようと必死に僕を追い回してくるね」

「3交代制のサークルKでいつも2円くらいおまけしてくれそう」

「映画『マイティーダックス(日本語版:飛べないアヒル)』のリムジンの運転手」

「Whataburger(サンアントニオ発の有名バーガーチェーン)の夜の時間帯のマネージャー」

「1リットルのコーラを欲しがっている州警察」

「この子、でっかいダニー・デヴィートにみえる ※俳優・映画監督」

「誰かキャメロン・クルートウィグとロッド・ファーヴァが同じ部屋にいるのを見たことある?」
※『だめんず・コップ(Super Troopers)』のロッド・ファーバ役、ケビン・ヘファーナン

などなど、日常生活にもテレビや映画の世界にも、アメリカにはどこかいそうなキャラクターのようだ。ただ、彼が話題になっているのはもちろんバスケット選手としても一流の実力を持っているから。エースとして所属しているチームを2018年以来のスイート16(マーチマッドネスベスト16)に導き、予選では“ミズーリバレー”カンファレンスの最優秀選手にも輝いているのだ。

このように実力もキャラクターも、とにかく“目立っている”クルトヴィッヒ。バスケットでも、エンタメの世界でも大成しそうな面白い選手だ。

YouTube

TAGS