オトナ向け過激アニメ 『ラブ、デス&ロボット』S3配信決定

デヴィッド・フィンチャーとティム・ミラーら有名監督たちが手掛けるNetflixの大人向け短編アニメシリーズ『ラブ、デス&ロボット』のシリーズ3がまもなく配信される。

ティム・ミラー、デヴィッド・フィンチャー、ジェニファー・ミラー、ジョシュア・ドーネンが原作・製作を務める『ラブ、デス&ロボット』は、過激な描写も含まれた成人向けの短編アニメを集めた傑作アンソロジーシリーズ。ハイクオリティなアニメーションが目の肥えたファンの人気を集め、2019年と2021年にエミー賞で短編アニメーション賞を受賞するなど、高い評価を受けている。

SF、ファンタジー、アドベンチャー、ホラー、コメディなど多岐にわたるジャンルで、3Dアニメやレトロな作風のアニメなど様々なスタイルを取り入れながら、魅力的なストーリーテリングにもこだわった多彩なアニメーションを展開してきた『ラブ、デス&ロボット』。シリーズ1では18話、シリーズ2では8話の刺激的なストーリーが集められている。

この度、待望のシリーズ3が2022年5月20日より配信開始されることが発表され、ティーザー予告編が公開された。予告編では、シリーズ1から「ロボット・トリオ」、「目撃者」、「フィッシュ・ナイト」ほか、シリーズ2からマイケル・B・ジョーダン出演の「避難シェルター」、「おぼれた巨人」ほか、これまでに公開された作品の印象的なシーンが流れ、多彩なアニメのラインナップを振り返ることができる。

YouTube

はたしてシリーズ3では、何話のストーリーが展開されるのか。どんな監督やクリエイターが新作アニメを発表するのか。どのようなスタイルのアニメ表現を楽しめるのか。まだ明らかになっていないことも多いが、ファンは期待して待っていてよさそうだ。

『ラブ、デス&ロボット』のシリーズ3は、5月20日よりNetflixで独占配信開始。

TAGS