奇才デヴィッド・フィンチャーがアニメーション監督デビュー 『ラブ、デス&ロボット S3』

5月20日(金)より独占配信が決定したNetflixオリジナルシリーズ『ラブ、デス&ロボット』シーズン3(全9エピソード)のダークで奇妙な予告編が解禁となった。

Netflix Japan/YouTube

本作は、『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』『ゴーン・ガール』『Mank/マンク』など、数多くの世界的ヒット作を生み出してきた巨匠デヴィッド・フィンチャーと、『デッドプール』『ターミネーター:ニュー・フェイト』の監督ティム・ミラーが製作総指揮を務める短編アニメシリーズ。世界各国の才能溢れる監督が各エピソードを手掛け、SF、ファンタジー、アドベンチャー、ホラー、コメディなどあらゆるジャンルを横断して描いた人気シリーズだ。

『ラブ、デス&ロボット』は、独創的なアイディアと枠に捉われない自由な表現が“大人向けの新感覚アニメ”として、シーズン1の配信開始と同時に話題沸騰。これまでエミー賞で通算11部門で受賞を果たし、2019年と2021年にはアニメーション賞短編アニメーション部門を受賞するなど、世界中から注目を集めるアニメーションアンソロジー。

シーズン3予告編では、荒れ狂う海の中船員たちを追い詰める謎の巨大生物たちや、海中のような場所で無数にひしめく奇妙な生物、煌びやかな衣装に身を包む怪しげな女性など、奇妙な生物たちが織りなす、恐怖と美しさが融合したダークな世界が映し出されていく。

またシーズン3では、シリーズの生みの親であるフィンチャーがアニメーション監督としてデビュー。フィンチャーが手掛けた「最悪な航海」は、帆船を襲う甲殻類のような謎の巨大生物と船員たちが対峙する物語。不気味な生物たちの登場とともに、反乱、裏切りなどが描かれていき、奇才監督が手掛けるエピソードに期待が高まる。他にも壮大なSFを思わせるような異星での旅や、ネズミやクマロボットとの戦いなど、物語のジャンルは多岐にわたり、シーズン1で人類が絶滅した後の世界をブラックユーモアたっぷりに描いた「ロボット・トリオ」の続編も登場する。

TAGS