大人向け新感覚アニメ『ラブ、デス&ロボット』 多彩な“愛”と“死”の物語

Netflixオリジナルシリーズ『ラブ、デス&ロボット』シーズン2(全8エピソード)が、5月14日(金)より独占配信される。さらに、早くも2022年にシーズン3の配信も決定した。

Netflix Japan/YouTube

本作は、『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』『ゴーン・ガール』『Mank/マンク』など、数多くの世界的ヒット作を生み出してきた巨匠デヴィッド・フィンチャーと、『デッドプール』『ターミネーター:ニュー・フェイト』の監督ティム・ミラーが製作総指揮を務める短編アニメシリーズ。世界各国の才能溢れる監督が集結し各エピソードを手掛け、SF、ファンタジー、アドベンチャー、ホラー、コメディなどあらゆるジャンルを横断して描かれる。

『ラブ、デス&ロボット』は、1話平均約10分のアニメアンソロジー。フィンチャー、ミラーとともに各エピソードの監督たちが、時間の枠に縛られることなく、時にバイオレントに、時にコミカルに、これまで見たこともないような映像で、愛や死をテーマに紡ぐ“大人向け新感覚アニメ”だ。

シーズン1は、自由な発想から生まれた展開が世界中で話題となり、収録作の『目撃者』はエミー賞のアニメーション賞短編アニメーション部門を受賞、今ではNetflixを代表する作品のひとつにも挙げられるシリーズとなった。そして今回シーズン2では、シリーズの生みの親であるフィンチャーとミラーはもちろん、『カンフー・パンダ2』『カンフー・パンダ3』の監督も務めたジェニファー・ユー・ネルソンが総監督として参加。前作を超えるスケールの多彩な物語を描くべく、指折りのクリエイターが世界中から集結した。

シーズン2の予告編は、各エピソードの映像が矢継ぎ早に映し出される。SF超大作を思わせる宇宙でのアクションが描かれたかと思えば、犬のフンを即座に処理するために動くヘンテコなロボットが登場するユーモアに満ちた物語も垣間見える。さらに、未来感溢れる街並みで暮らす人々や、クリスマスイブにサンタを一目見ようとする姉弟の物語…など、ジャンルの幅広さを存分に堪能できる映像になっている。

シーズン1の盛り上がりと、次回作を求める声について、ミラーは「シーズン1への反応は、これ以上にないほど嬉しいものでした。デヴィッドと私が長年渇望し、でも実現することはないだろうと言われ続けてきた、ファンからの熱烈な支持を得ることができたんです」と、前作の反響の大きさを語りつつ、このシリーズに対する強い愛着も覗かせている。

フィンチャーやミラーをはじめとする世界中の奇才が集結し、平均時間約10分の短編アニメーションに詰め込まれた多彩な“愛”と“死”の物語『ラブ、デス&ロボット』シーズン2は、5月14日(金)よりNetflixにて独占配信。

TAGS