プレーヤーのワードローブをイメージ 「NBA × ルイ・ヴィトン」カプセルコレクション

「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」2021春夏メンズ・プレコレクションより、「NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)」とのコラボコレクションがリリースされる。

今年1月、Louis Vuittonは、NBAの優勝トロフィー「Larry O’Brien NBA Championship Trophy(ラリー・オブライエン・トロフィー)」を収める特製のケースを手がけたことでも話題に。

ヴァージル・アブロー(Louis Vuitton メンズ アーティスティック ディレクター)により、NBAとの間で締結された3年間のパートナーシップ契約を記念してデザインされた本コレクションでは、フランスのメゾンが誇るクラフツマンシップとアメリカを代表するスポーツであるバスケットの交流というテーマを受け、ヴァージルがNBAとLouis Vuittonの2つのエンブレムを組み合わせたデザインをアクセントにしたウェアやアクセサリーなどのエクスクルーシブなアイテムを製作。自身のコードをバスケットボールの世界観に落とし込み、Louis Vuittonでのヴァージルのビジョンに欠かせない共感性と包括性の価値観を体現している。

本コレクションは、プレーヤーのワードローブをイメージし、3つのドレスコードで展開。1つ目の“トラベル”は、グレーのカシミヤを使用したトラックスーツなどに反映されており、2つ目の“試合”は、ブルーのフード付きレザージャケットに、モノグラムモチーフを配したジーンズとTシャツを合わせたコーディネートで表現している。そして3つ目の“プレスカンファレンス”は、スーツとエレガントなシャツを合わせたルックが特徴となっている。

機能性に優れたバッグは、NBAロゴのレッド、ブルー、ホワイトのカラーパレットを採用。マルチポケットを配したバックパックにも、クラシカルなモノグラムモチーフをベースに、バスケットボールを彷彿させるホワイトのストラップが鮮やかなコントラストとなっている。

シューズは、Louis VuittonのコードとNBAのエレメントが共存。クラシックローファーや、チャンキーソールのレザーダービー、スリッポン、スニーカーのディテールを取入れたレースアップのレザーブーツなどが揃う。

ファッションのミューズは、予測不可能な存在。ラグジュアリーのアイディアは、伝統的なアートに隣接したファッションの分野だけでなく、スポーツの世界、そしてそのチャンピオンの中にも見つけることができます。本コレクションは、バスケットボールの文化面での貢献、多様性、そして世界を1つに纏める共感性というアイディアに敬意を捧げるものです。(ヴァージル・アブロー)

『LV × NBA』は、一部のLouis Vuittonストアおよび公式オンラインサイトにて、11月20日(金)より発売予定。

TAGS