4年ぶりに復活 天才アーティストLorde(ロード)、新曲『Solar Power』サプライズ発表

ニュージーランドのシンガーソングライター Lorde(ロード)が、2017年に発表した2ndアルバム『Melodrama』以来、約4年ぶりとなる新曲「Solar Power」をサプライズで発表した。

Lorde/YouTube

新曲「Solar Power」は、60〜70年代のフォークソングライターや2000年代初頭のポップスにインスパイアされた、夏らしさを感じさせる軽快な1曲に仕上がっている。バックグランドヴォーカルとしてフィービー・ブリジャーズとクレイロが参加していることでも話題に。また、同時公開されたミュージック・ビデオでは、余暇と幸せな瞬間に焦点を当てた架空の島、そしてそのコミュニティの祝福を描いている。

ロードは、2013年にリリースしたデビューシングル「Royals」が9週連続で全米シングルチャートの首位を獲得、2014年に開催された「第56回グラミー賞」では最優秀楽曲賞を含む2部門を受賞するなど、16歳で衝撃的なデビューを果たしたニュージーランド出身のシンガーソングライター。
先日、2022年に開催される音楽フェスティバル<Primavera Sound Festival>でヘッドライナーとして参加することが発表され、新たな曲のリリースが噂されていたが、そんな矢先に公式サイトで「Solar Power」のジャケット写真を公開。するとジャケット写真公開後、アメリカとイギリスのTwitterトレンドにて即座に“Lorde”というワードが1位になり、その他にも約30の国と地域のTwitterトレンド入りを果たした。

TAGS