1〜2秒で得点を奪う “未来のスーパースターコンビ” ザイオン&ロンゾ 電光石火アリウープ

2019-20シーズン、ニューオーリンズ・ペリカンズは「未来」に向けて大きく舵を切った。

まずはNBAドラフト2019にて指名権の抽選で、6%という低確率から1位指名権、つまりスター選手を獲得する権利をもぎ取る。これによって”ネクスト・レブロン”との呼び声も高い最注目選手ザイオン・ウィリアムソンの獲得が可能となり、移籍希望をしていたスーパースター、アンソニー・デイビスの放出を決断する。

そして、デイビスをロサンゼルス・レイカーズへ放出し、正統派ポイントガードのロンゾ・ボールを含む若手3選手を獲得した。このシーズンオフの動きにより、一気にリーグ屈指のヤングチームが結成されることになったのだ。

そんな中でも、ザイオン&ロンゾのコンビは未来のスーパーデュオ候補だ。ポテンシャルから考えれば、早ければ2〜3年でリーグトップクラスのコンビになるだろう。彼らは、コンビ結成1年目からその実力を存分に見せつけている。

Bleacher Report/YouTube

2人が得意とするプレイは、ロンゾからのパスを空中でキャッチしたザイオンがそのままダンクに持ち込むアリウープ。垂直跳び114センチを誇るザイオンの圧倒的な高さと、ロンゾの走行中の車の窓を通すほどの正確なパスをもってすれば、このプレイは朝飯前なのだ。特にランキング3位や5位のような、ハーフラインよりも後ろからのアリウープは破壊力抜群。わずか1〜2秒の間で得点を奪う、電光石火の一撃だ。

ペリカンズは彼ら2人の次世代スーパースターコンビに加え、今季オールスター級のスタッツを残すブランドン・イングラム、チームの柱ドリュー・ホリデー、ベテランシューターのJJ・レディックなどを揃え、チームのバランスはかなり良い。今年大きな決断をしたペリカンズは、未来に大きな花を咲かせそうだ。

Bleacher Report/YouTube

TAGS