巨匠スティーヴン・キングの意思を継ぐNetflix『ロック&キー』

Netflixオリジナルシリーズ『ロック&キー』が、2月7日(金)より独占配信される。

本作は、ホラー界の巨匠スティーヴン・キングを父に持つ人気小説家ジョー・ヒルによる、ダークなスペクタクル・ファンタジー。
過去にはスティーヴン・スピルバーグも映像化を希望したほどの人気作を、世界中で社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ「LOST」プロデューサーのカールトン・キューズと、傑作との呼び声高いNetflixオリジナルシリーズ「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」製作総指揮のメレディス・アヴェリルが共に製作総指揮を務め、全世界待望の実写化へと挑む。

Netflix Japan/YouTube

父親が殺されたことをきっかけに、アメリカの田舎町の屋敷に移り住んだロック家の子供たち(タイラー、キンジー、ボード)と母ニーナ。その不思議な屋敷には、様々な力を持つ“魔法の鍵”が隠されており、その鍵は子供たちにミステリアスな冒険をもたらしてゆくことに。3人の子供たちは父の死と向き合いながら、鍵と謎に包まれた世界を探求していく。

主人公の子供たちを演じるのはフレッシュな新鋭俳優たち。
兄タイラーを演じるのはコナー・ジェサップ。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のTVドラマ「フォーリングスカイズ」ではメインキャストのひとりを演じるなど、今大注目の爽やかイケメン俳優。そして姉キンジーを演じるのはエミリア・ジョーンズ。幼い頃より『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』や『ワン・デイ 23年のラブストーリー』などの大作や数々のTVシリーズにも出演。圧倒的な美貌を持ち、当時10歳にして「ハリーポッター」シリーズのハーマイオニー役でブレイクしたエマ・ワトソンを彷彿とさせる彼女が本作で本格的にブレイクするのは間違いないだろう。
そして末っ子ボードを演じるのは、現在11歳のジャクソン・ロバート・スコット。人気ドラマ「クリミナル・マインド」へのゲスト出演や、「IT/イット
“それ”が見えたら、終わり。」では主人公の少年ビルの弟を演じた今最も注目の実力派子役だ。

『ロック&キー』は、魔法の鍵を巡るファンタジー要素に加え、父親の死に向き合う家族を描いたドラマ要素や、難関に立ち向かう子供たちの成長物語も描かれている。早くも第2の「ストレンジャー・シングス」との呼び声も高く、「ハリーポッター」シリーズも彷彿させる、恐スリルと冒険に満ちた全く新しいスペクタクル・ファンタジーの誕生だ。

巨匠スティーヴン・キングの意思を継ぐジョー・ヒル

「スタンド・バイ・ミー」「ショーシャンクの空に」「シャイニング」「IT」シリーズなどを生み出してきた大ベストセラー作家、スティーヴン・キング。そんな巨匠を父に持つジョー・ヒルは「20世紀の幽霊たち」「ハートシェイプト・ボックス」などで知られ、近年はキングとともに発表し映像化もされた「イン・ザ・トール・グラス」でも話題に。
彼は当初、自身の力だけで成功すべく、その素性を隠し活動を開始。幾つかの作品で成功を掴んだのちにキングの息子だと明らかにしたというエピソードを持つ確かな実力を誇る作家。本作の映像化に早くも傑作の期待がかかっている。

TAGS