アンチも批判もブッ飛ばす オアシス時代を超えたリアム・ギャラガーの圧巻ライブシーン解禁

英国ロックバンドのトップを走り、伝説となったバンド Oasis(オアシス)のメンバー、リアム・ギャラガーがOasis時代からソロミュージシャンとして復活するまでの姿にフォーカスしたドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』(9月25日公開)より、大熱狂の本編ライブシーンが解禁された。

YouTube

今回解禁となったシーンは、リアムが2017年に出演を果たしたイギリス最大級の音楽フェス「グラストンベリー ・フェスティバル」のライブパフォーマンスだ。会場を埋め尽くすほどの観客が詰めかけたが、ワーナー・チャペル・ミュージックUKのマネージング・ディレクター、マイク・スミスが語るように、ソロになった“リアムのステージを見てやろう”とリアムを批判するために来た人も多かった。

しかし、ひとたび演奏が始まると、観客は一緒に歌を口ずさみ、リアムのステージに熱狂している様子が捉えられている。またステージ脇には鑑賞するデイヴィッド・ベッカムと、その息子ブルックリン・ベッカムの姿も。リアムが披露するのはソロデビュー・アルバム『As You Were』に収録されている「Greedy Soul」。「やるべきことをやるだけさ 冷静にな」「集中して最高のギグをやることだ」とリアムが語るように、真摯に音楽・観客と向き合い歌う姿は、これまでの破天荒なイメージを覆す。

Oasisの解散、Beady Eyeの結成そして解散と、どん底まで落ちた彼が、グラストンベリーを“最大でメガなすごいギグ”で成功裏に終わらせるまで、どのようにして復活したのか、その様子はぜひ劇場でご確認いただきたい。

©2019 WARNER MUSIC UK LIMITED

TAGS