神様か王様か ジョーダン vs レブロン、チームメイトになるならどっちが良い?

“NBA史上最高のプレイヤーは誰か?”いわゆるG.O.A.T論争で、いま最も熱い話題といえば“神様”マイケル・ジョーダンと“キング”レブロン・ジェームズだ。プレイスタイルや時代は異なるが、実力や支配力は歴代でも飛び抜けている2人。そんな彼らについて、どちらが優れているかではなく、「どちらとチームを組みたいか」という少し違う視点からみてみたい。

ESPN/YouTube

NBA解説者のスティーブン・A・スミスは「この答えは人によるね。君がチームの1番手になりたければレブロンと組むべきだし、2番手でいいのであればジョーダンだ。ジョーダンは明らかにチームの1番手の選手になってしまうからね」と答える。

また、スポーツジャーナリストのマックス・ケラーマンはスミスの考えに加えて、「あなたが勝負を決めるラストショットを打ちたいかどうかによって答えは変わるね。勝負に勝ちたいならジョーダンを選んで、ラストショットを打ってもらうべきだ」とコメント。やはりケラーマンも、ジョーダンと組むならばチームの1番手を譲るべきだという答えだ。

元シカゴ・ブルズのジェイ・ウィリアムスは、さらに細かい視点からの意見を述べる。「2人の意見におおむね同意するよ。さらに言えば、ジョーダンとプレイする場合はトライアングル・オフェンスに取り組まなければならない。ボールをキープしながら試合を組み立てたい僕のような選手には辛いんだ。このシステムに合うのは、1試合で6、7回程度のシュートチャンスをしっかり決められる選手だね」と補足し、唯一の元NBAプレイヤーとして、より実践的な視点からのコメントを残してくれた。

珍しく全員の意見が一致した「ジョーダンとレブロン、どちらとチームを組みたいか?」という議題。自分が主役になりたいのならばアシストも上手いレブロン。とにかくゲームに勝ちたいのならば、歴代No.1の平均得点を誇るジョーダンを選ぶべきという結果だ。さて、あなたならどちらの選手と優勝を狙いに行くだろうか?

TAGS