NBA版 桜木花道と宮城リョータ!神様・ジョーダンから“AIR”を継ぐ奴ら

また将来が楽しみなコンビが誕生した。シャーロット・ホーネッツのラメロ・ボールとマイルズ・ブリッジス。彼らがたびたび魅せる代表的なプレイと“B”all(ボール)、“B”ridges(ブリッジス)の頭文字を取って名付けられたニックネームは“AirBnB(エアービーエヌビー)”だ。

その名前の由来は彼らのプレイを見てもらえばわかるだろう。

YouTube

素早いパス交換からの3Pショットや、ファストブレークなど抜群のコンビネーションプレイの中で、一際目を引く豪快なプレイがアリウープだ。ピック&ロールからでも速攻からでも、相手のディフェンスに少しでも隙があれば一瞬でボールはゴールへ運ばれる。誰も止められないこの空中技こそ、彼らが“AirBnB”と呼ばれる理由だ。

そんな彼らがシクサーズ戦で見せた“一発”は最高だった。ラメロがトップでボールを持ちチャンスをうかがっていると、チームのエース、ゴードン・ヘイワードがスクリーンに。しかし、ヘイワードのスクリーンは利用せず、次に来たブリッジスのスクリーンを選択。スクリーンを使ってペイントエリアに侵入しようとするラメロに対し、相手ディフェンスは反応。その“一瞬”のズレを逃さずラメロがボールを空中に放り投げると、ブリッジスがひとり空中に高く跳び上がり豪快なアリウープに。3人目のヘルプとして準備していた現役屈指のセンター、ジョエル・エンビードでさえも一歩も動けずにただ見守ることしかできなかった。まるで、SLAMDUNKで湘北の桜木と宮城が山王工業戦で魅せた“奇襲”と呼ばれるアリウープそのものだ。

YouTube

そして面白いのが、ホーネッツのオーナーが“神様”マイケル・ジョーダンである点だ。ジョーダンの別名はもちろん“AIR(エア)”ジョーダン。世界一の“空中技”によってNBA発となり、世界中を席巻した張本人だ。抜群のバスケットセンスを持つラメロと、身体能力に長けたホーネッツの新コンビ。“エア”ジョーダンの下で“AirBnB”の2人が出会ったのは、単なる偶然ではないのかもしれない。

TAGS