故コービー・ブライアント “ブラックマンバ”のスピリットは、ロサンゼルスのジャージーに宿る

NIKEが、故・コービー・ブライアント(1978-2020)のレガシーを称える週間“Mamba Week(マンバウィーク)”を8月23日よりスタート。この期間に“ブラックマンバ”をイメージしたユニフォーム『Lakers Edition Jersey “Black Mamba”(レイカーズ エディション ジャージー “ブラックマンバ”』がリリースされる。

“マンバ”のスピリットは、ロサンゼルスのジャージーに宿る。コービーと共同でデザインを手掛け、NIKEの「Lore Series」の一部として2017年に発売されたユニフォームが復活する。

YouTube

外側にスネークスキンプリントを配し、内側にはコントラストを生み出すブラックを使用したクラシックな趣き。サイドパネルの16個のスター、ドロップシャドウを使ったアイコニックな3Dスタイルのレタリング、LAのショータイム時代のジャージーからスクープネックのデザインが採用されている。だがこれは、オリジナルを忠実に再現したアイテムではない。コービーの2つの永久欠番が、単独のシルエットに共存する初めてのジャージーなのだ。前面には「8」、背面には「24」の背番号を配置。コービーの伝説的なキャリアと、バスケットボールへの影響力を称えて制定された「コービー・ブライアントの日」を象徴している。

Nike/YouTube

『Lakers Edition Jersey “Black Mamba”』は、「SNKRS」8月28日9:00より販売開始。

TAGS