主婦だと思ったら殺し屋でした ブレイク・ライヴリー、アクションに覚醒

ブレイク・ライヴリーが、Netflix映画『Lady Killer(原題)』で主演を務めることを海外の複数メディアが報じている。

「Lady Killer」は、1950年代を舞台に、完璧な主婦でありながら殺し屋という裏の顔を持つジョシー・シュラーの物語が描かれる。原作はNetflix「アンブレラ・アカデミー」や映画「ポーラー 狙われた暗殺者」などで知られるダークホースコミックス社のアメリカンコミックだ。脚本は「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞を受賞したディアブロ・コディが手がける。

「ゴシップガール」のイメージが強いブレイク・ライヴリーだが、最近の出演作では、家族を殺した犯人に戦闘訓練を積み復讐する女スパイを演じた「リズム・セクション -復讐の銃弾-」や、ほぼスタントなしで巨大人食いサメと格闘する「ロスト・バケーション」など体当たりアクションに果敢に挑戦しており、本作にも期待が高まっている。

YouTube

YouTube

TAGS