武尊が負けた理由は? “最強の日本人”堀口恭司が分析

格闘家の堀口恭司が『THE MATCH 2022』での那須川天心 vs 武尊戦を総括した。

堀口恭司/Kyoji Horiguchi/YouTube

堀口は自身のYouTubeチャンネルで動画を公開し『THE MATCH』で印象に残った試合を振り返ることに。那須川と武尊の試合は、判定でもKOでも那須川が勝つという「予想していた通りの結果」になったとコメント。

武尊の敗因については「体重が戻せないというのはキツい」と、体重に関する取り決めや「精神的に追い詰められやすいのかな?」と、メンタル面の不調を挙げて「いつも通りの動きじゃないような気もした」と分析した。

また、武尊の減量については「やはり体重は『重り』、パンチにそれが乗っていくので違いはある。筋肉とかも削っていくので、そうなると体は疲弊していってしまう」と、影響はあったのではないかと解説した。

1ラウンド目の那須川のカウンターが命中した場面については「やっぱり天心くんだなというのは思った」と評価。的確に武尊のガードの“穴”を突いた結果だとして「正直あそこで武尊くんは立たないかなと思った」と明かすと「減量で顎が弱くなるので『これで終わっちゃうのかな』と思いましたけど、立ってきてすごく頑張っていた」と、武尊の打たれ強さも評価した。

「仮に5ラウンドだったら?」という質問に対しては「一概には言えないですけど、武尊選手がどんどんペース掴んでいったのかな? ガチャガチャ系にもっていければ勝機はある」と、長期戦なら武尊に有利に働いたのではと予想した。

TAGS