“天才”那須川天心はボクシングで通用するのか?

WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人が、自身のYouTubeチャンネルのコラボ企画で那須川天心とコラボ。スパーリングをした感想を語った。

京口紘人 Hiroto Kyoguchi【WBA世界王者】/YouTube

「一言、やっぱ強いですね(笑)」と切り出した京口は「“天才”って一言で比喩しちゃうと失礼にあたるぐらい努力もされていると思います」と、才能の裏に隠された努力を感じたという。

ほかにも「相手の先の先の先を見ている」「距離が遠い」「左ストレートの貫通力がすごい」「ジャブのバリエーションが豊富」といった天心のすごみを解説した京口は、天心が「相手の目を狙うパンチを打つ」ことに驚いたという

「ボクシングデビューしていない選手がそこまでの位置にきていて、まだもっともっと向上心がある」と手放しで褒めて「バランスもめっちゃいいですし、すごいね……すごいっていう言葉しか出てこーへん(笑)。改めてすごさがわかりました」とまとめた。

ボクサーとしてどこまでいけるのか? という質問に対して、天心はすでに国内チャンピオンとやりあえる実力があると語る京口は「世界で戦ってほしい」とコメント。「国内でやっていくんでしょうけど、僕自身はアメリカとかで戦ったほしい。面白い華のある選手なので」と、世界での活躍を望んだ。

ボクシング界を大いに盛り上げるであろう天心のデビュー戦については、ベルトを持っていた柴田明雄とデビュー戦で戦った村田諒太を例に出して「デビュー戦から、タイトルマッチはできんとしても、日本チャンピオンと試合っていうこともあり得る話ですよね」と予想。

また、京口は「多分、ボクシングを観るというよりも、那須川天心を観るファンがたくさん増えると思う。魅了できるポテンシャルを秘めてるスターの選手なので楽しみ」と、ボクサー那須川天心の活躍に期待を寄せた。

TAGS