足立区から来た“静かな暗殺者” 武居由樹は、ボクシングでも通用する

現WBA世界ライトフライ級スーパー王者、京口紘人のYouTubeチャンネルで「京口王者から見た武居由樹選手と江川優生選手のボクシング技術はどうなのか?」が公開。現役世界チャンピオンの京口が、K-1を席巻する2人の若武者、武居と江川のボクシング技術を解説した。

最初に京口は武居のKO集動画をチェック。「パンチの質は堅そう」「左のボディも上手い」「上下を打ち分けられるので、すごく器用」「フィジカルめちゃめちゃ強そう」「武器持ってますね」と、次々にコメント。

京口紘人 Hiroto Kyoguchi【WBA世界王者】/YouTube

「ボクシングでも全然戦えると思いますよ」と太鼓判を押した京口は、「パンチを点で打ててる。面と言うよりも点で、当たる瞬間にナックルをガチン!って当てられている」と、パンチの質について解説。また、ディフェンスについては「スウェーとかでディフェンスをするタイプじゃなくて、しっかり脚で捌いたりとかもできる選手」と分析し、「しっかり上下で打ち分けられてボディも打てる選手ですし。やっぱりアマチュアのキャリアもあると聞いたことがあるので、ボクシング技術だけで見ても全然トップレベルだと思います」と高評価だった。

しかし、キックボクシングはラウンド数が少ないこともあり、動画だけでは「世界チャンピオンになれる」と明言できないとも語る。ただし短いラウンドであれば強いのは確かで、「『倒せるボクサー』だと思います」と、KOパンチャーになる可能性が高いと推測した。

さらに、「倒しに行ける系なので、ファンの人を魅了できる。面白い試合をするタイプだと思います。観ていても飽きない」と褒めると、「しかも23歳でしょ。まだまだピークじゃない発展途上の選手だし、K-1を背負っていけるんじゃないですか? 年齢的にも」と、今後の活躍に期待を寄せた。

TAGS