「対戦相手、全員眼中にない」 漢 a.k.a. GAMI、最後のMCバトルに挑む

ラッパーの漢 a.k.a. GAMIが、1月9日に豊洲PITで開催する『KING OF KINGS 2020 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL』に向けた思いを9SARI GROUPの公式YouTubeチャンネルで語った。

9SARI GROUP/YouTube

「今年本当に最後だと思ってバトルやってるんで」とライブなどで話していた漢だが、その件に関して質問されると「引退というのを大々的に言う必要はないと思うんだけど、いったんもういいだろうと、プレイヤーとしては。いや、だってMCバトルのピークなんて、とうに十何年も前から超えてるし、まあまあ出る理由もないからね、元々」と本音を語る。MCバトルの第一線を退くというのはやはり事実のようだ。

また去年、今年と『KOK』を強く意識していることに関しては、「まあ今年出てる理由は、パクられたこともあって」と包み隠さずに回答。元々の関係者だけだったら謝罪の必要はなかったと話すが、状況が違ったようだ。「まあ、テレビにも出るようになってたし、多くの関係者に迷惑かけてるし。あと、番組とかを入口に、フリースタイルバトルファンになった人たちにも、まあ少しでもケジメとして、誘われた大会は全部出て、シーンを盛り上げる、ひとつのピースになれば」と参戦理由について明かした。

9SARI GROUP/YouTube

優勝した場合の賞金300万円に関しては「まあ、ちゃんともらうよね、それは……。それは貰わないと、優勝してんだから。おかしなことになると思う。別に誰にやるつもりもありませんし、寄付するつもりもありません」と自身の懐に入れると彼らしく断言した。

なお、対戦する他のファイナリストについても色々印象を語ったのだが、最終的には「眼中にない」と“漢 a.k.a. GAMI節”でまとめると、頂点に立つのは自分だとアピールした。

TAGS