マンバよ永遠に “才能と努力の人”コービー・ブライアントが遺したメッセージ

NIKEが、故コービー・ブライアントの誕生日を祝うためにトリビュート動画『Better/Mamba Forever』をリリースした。この動画はコービーに相応しい、「向上/進歩/成長」をテーマにしたメッセージ性が強い映像に仕上がっている。

Nike/YouTube

ナレーションはLAヒップホップ・レジェンドで「21世紀のボブ・ディラン」とも称されるリリシスト、ケンドリック・ラマーが担当。まるでポエムを読んでいるような、心地の良い流れのあるトーンのフロウに自然と引き込まれる。「Better (向上)」という言葉をベースに、ドリーマー・フォーカス・リーダー・ジェネレーション・ヒーロー・ファーザーなど、 コービーを象徴する単語を織り交ぜたリリックは日々の様々な成長の仕方を教えてくれる。

コービーのファイナル進出7回・5度のNBAチャンピオンという輝かしいキャリアは、才能と努力の結晶であったことを改めて感じさせてくれるナイキの最新広告。彼がバスケットボールと世界中に与えた影響は計り知れないが、そんなコービーの誕生日を祝うセレブリティーも後を絶たなかった。

ESPNの名物NBA記者であるエイドリアン・ウォジナロウスキーは「コービーが今ここにいることを想像できる? 僕はできる」というテーマを元にバースデーメッセージを投稿。

チームメイトであったパウ・ガソルはコービーに教わった人間の成長に触れ、レイカーズの大ファンで知られるラッパーのスヌープ・ドッグに至っては、自らコービーのキャリアハイライトをミックスしたトリビュート動画をアップ。

ESPN/YouTube

他にもNBA殿堂入りを果たしたアレン・アイバーソンや相棒のシャキール・オニールなど、数多くの著名人が彼の誕生日を祝った。

キャリアの全てをロサンゼルス・レイカーズに捧げたコービー。ロサンゼルス市議会は彼が着ていた背番号「8」と「24」を記念し、誕生日の次の日である8月24日を「Kobe Bryant Day (コービー・ブライアント・デー)」に指定した。彼のスピリットである“Mamba Forever”が現実のものとなった瞬間だ。

TAGS