コービー・ブライアントが “NBA史上最高のディフェンダー”に選んだ選手とは?

コービー・ブライアントが生前、NBA史上最高のディフェンダーとしてスコッティ・ピッペンを挙げ、映像を使って彼の動きを分析し、解説している。

ESPN/YouTube

ピッペンと言えば、マイケル・ジョーダンとともにシカゴ・ブルズ黄金時代を築いた言わずとしれたスーパースター。
横に“神様”ジョーダンがいるため過小評価されがちなのが残念だが、コービーが認めるように、間違いなく誰もが認めるNBA史上最高のスモールフォワード、最強のディフェンシブプレイヤーだ。

ピッペンの実力はジョーダンも認めているレベルで、自身が選ぶNBAオールタイム・ベスト5にピッペンを選出。また、自分と同じレベルの才能を持つとピッペンを入団当初から鍛えたそうだ。
そんなピッペンは、203cmの身長ながらガードまでもピシャッと止め、コートのどこにいてもヘルプに駆け付けるディフェンス力は、当時のブルズの監督、フィル・ジャクソンから「ピッペンのワンマンレスキュー隊」と称されるほど。その長いウィングスパンと高い身体能力を活かし、コート上を素早い動きで駆け、鉄壁のディフェンスを誇った。

コービーはピッペンがボールを持っている相手へのプレッシャーのかけ方、パッシングレーンの妨害方法、シュートブロックと同時に相手にオフェンシブ・ファウルを取らせる秘訣などを詳しく紹介。
そしてピッペンにとってはディフェンスこそがバスケ最大の魅力だったと確信しているとし、後輩たちには「技術面だけでなく、ディフェンスにかける情熱に注目してほしい」と繰り返した。

TAGS