本気の殴り合い喧嘩マッチ! 番長・清原和博 vs 元世界王者・竹原慎二

清原和博が自身のYouTubeチャンネルで、元世界王者の竹原慎二との「殴り合い」を披露した。

清ちゃんスポーツ/YouTube

竹原と畑山隆則の2人が運営するボクシングジムにやってきた清原は、現在実行中のダイエットのため、ボクシングエクササイズをやりに来たと趣旨を説明。しかしスタッフに戦う意思を問われると「やってあげてもいいかな」と不敵に応じていた。

ボクシングをするのは人生初だという清原は、竹原を相手にミット打ちを体験することに。ステップを習いながらぎこちなく放ったパンチだったがさすがの威力で、畑山が「ヘビー級だね!」と評価するほどだった。

しかし竹原がお手本のミット打ちを披露すると、元世界チャンプのキレのあるパンチに清原は「これ殺されるな……」とポツリ。数々のメジャーリーガーといった偉大な選手を目の当たりにしてきた清原だが「それよりも衝撃ですね」と驚いていた。

ミット打ちが終わると畑山が「そのままスパーリングやったら?」と提案。清原は急展開に最初はとまどったものの「勝つまで帰らへん」と一念発起して「2分×2ラウンド」「清原のパンチがクリーンヒットしたら勝利」「竹原はボディーへの攻撃のみ有効」といったルールでスパーリングを実施した。

清原は必死の形相で竹原に挑み、突進力のある攻撃で周囲から歓声が沸き起こる場面も。しかし2ラウンド目には体力が尽きたのか足元がおぼつかなくなり、最後は竹原のボディが当たると倒れこんでKO負け。竹原は勝因について「多分(清原の)ガス欠です(笑)」と語った。

清原は「強い……怖い」と本音を漏らしたものの「休憩してもう1回挑戦したいですね」と、闘志は衰えていない様子だった。

TAGS