「ナメた態度の…」 死球王・清原和博が乱闘上等な投手とは?

元プロ野球選手の清原和博が自身のYouTubeチャンネル『清ちゃんスポーツ』で、元西武監督で野球解説者の東尾修と対談した。西武ライオンズ時代の先輩・後輩でもあり、公私ともに「お世話になっている」(清原)という2人からは、野球選手としては「痛い」デッドボールの話題が飛び出した。

清ちゃんスポーツ/YouTube

一番痛かったデッドボールの記憶を聞かれた清原は「一番すごかったのはダルビッシュ投手(=元日本ハム、現MLBサンディエゴ・パドレス)」と語り「初対決ですよ、東京ドームで。僕はオリックスにいて。1打席目の初球に当たってそのまま退場。僕、途中交代ってやらないんですけど、1打席目の初球っていうのは、けっこう衝撃的」と語る。

東尾氏から「(怒ってダルビッシュに)向かっていかなかったの?」と聞かれると、清原は「基本的に日本の後輩たちにはしません。(日本球界を)ナメた態度をとる外国人投手には向かっていきますけど(笑)」と、イメージとは裏腹な回答。これには東尾氏も「まあ、(打席に)立っているだけで怖いもんな」と笑わせた。

TAGS