「戦闘モードに…」 清原和博、コーチにキレた衝撃エピソード

デーブ大久保のYouTubeチャンネル『デーブ大久保チャンネル』に清原和博が登場。西武ライオンズ時代に清原が激怒したエピソードが語られる一幕があった。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

とある試合で円陣を組んでいたとき、清原はバッターボックスに移動する前でスパイクを履き替えているタイミングだったが、コーチが「キヨ! お前もちゃんと聞いとけ!」と声をかけてきたそう。

デーブが「なにをしたか自分でいいなさいよ」と、当時の顛末を話すように促すと、清原は「『キヨ、4番だったらミーティング聞かなくていいのか!?』って言われた瞬間に、僕もバッターボックスに入って戦闘モードになっていたので、そのコーチの足元にスパイクを叩きつけたんです(笑)」と、怒りを爆発させた奔放エピソードを明かした。

デーブはそのときのベンチの状況について「『しーん……』だよ」と、静まり返った状況を説明したが、打席に集中をしていたときにかける言葉ではなかったので「あれはやるよ」と清原を擁護。そして「はっきり言って円陣てさ、大した話してないじゃん」とぶっちゃけた。

円陣はピッチャーに対してプレッシャーを与える効果があるそうだが、デーブは「言うのは大体決まっていて『ちょっと高め狙っていこう』とか『みんなで頑張ろう』とか。『わかってるよ』って話だもんな(笑)」と内情を暴露。清原は笑いながら「本当に大したこと喋らないですよね」と、大いに同意していた。

TAGS