番長・清原和博が選ぶ 「最強の右打者」とは?

とんねるず・石橋貴明のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』で、清原が「最強の右打者」について語る場面があった。

貴ちゃんねるず/YouTube

石橋が「落合(博満)さんのことを師匠だと思っていたんじゃないの?」と質問をすると、清原は落合のもとへ何度も話を聞きに行ったと語る。そして「やっぱり落合さんじゃないとできない打ち方ですよね」と、神主打法と評された落合の独特な打法について話しながらも「僕が見た中では最強の右打者ですよね」と明言。

以前も清原は片岡篤史のYouTubeチャンネルで落合の凄みを語っていた。バットの打球音が『ビシャッ!』という交通事故みたいな独特な音だったと表現。スイングの速さどうこうよりも、選球眼が良く、ボール球を全然振らず三振が少ないと、落合の選球能力に驚いていた。
また当時はボールが今より飛ばない時代であり、狭いからホームランになるというわけではないとも解説した。ちなみに逆方向に大きい当たりを打てるのは当時は落合、清原、外国人選手しかいなかったという。

「やっぱりあれだけの率を残してホームランを打って打点を残してる。3割5分ぐらい打ってるじゃないですか。それで2年連続50本ですよね、とんでもないですよ」と、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成した大打者に惜しみないリスペクトを贈った。

TAGS